アニメ・ゲーム

【GBA】現代だからこそさらに面白い!名作"ロックマンエグゼ"の世界【ゲームボーイアドバンス】

2020年4月26日

みなさん…『ロックマンエグゼ』というゲーム作品をご存知でしょうか。もうかれこれ20年ほど前に発売されたゲームソフトになります。

ゲームボーイアドバンスで発売されたゲームソフトになります。発売もかなり歴史的で、いくつか存在する『ゲームボーイアドバンスの発売日当日に発売されたゲームソフト』になります。

「どこか現実になりそうな楽しさと期待感」「でもどこかファンタジックで憧れになるようなストーリー」という絶妙なバランスが本当に魅力的でした。

おっと

主人公が放つ「ロックマン.EXE トランスミッション」もよくよく考えれば
ただの実行ファイル。。。

「ロックマン」とはパラレルワールド設定だった!?

CAPCONより

「ロックマン」と聞けば、やはり横スクロールの「ロックマン」を思い浮かべる方も多いはず。実はこれは公式に名言されていることですが、この「ロックマンエグゼ」の世界はどうやらそんな「ロックマン」の世界とはパラレルワールドという扱いになっているようです。

ロックマンエグゼの世界とロックマン世界

裏設定の話 になるのですが、 『ロックマンゼロ』 に関しては、 『ロックマン』→『ロックマンX』→『ロックマンゼロ』→『ロックマンDASH』 と、人が滅亡していく過程の中に、『ロックマンゼロ』の世界が設定されています。それに対して、 『ロックマンエグゼ』 の世界は、 『ロックマン』の世界 とどのような関係にあるのでしょう?

石原: 「パラレルワールド」 ですね。正史の『ロックマン』の世界では、ライト博士やワイリーはロボットを作っている世界ですが、それが、 『エグゼ』の世界ではネットの研究をしていた 、という世界です。

直接に関係は無いけれども、運命的にはつながっている、という形です。

CAPCON:カプコンゲームズより

『ロックマンエグゼ』は現代を予測していた!?

GAME Watchより

現在2020年…誰もがAI搭載の端末スマートフォンを持ち歩きどこでもネットに繋がっていることが当たり前になりました。

しかし、当時はまだまだパソコンや携帯すらも1家に1台あれば多かった時代。しかも携帯はたぶん2G世代(ギリギリ3Gか?)

ゲーム内ではあらゆる家電や”モノ”がネットワークとつながっています。
これも現在ではIoTと言われるあらゆる”モノ”がインターネットに接続され、実現していますよね!

まさか当時は、誰もがこのゲームに出てくる"PET"のような端末を日常的に持ち歩いてネット世界と常時繋がっている状態が実現されるなんて考えていませんでした。

『ロックマンエグゼ』シリーズ一覧

任天堂公式サイトより

そんな『ロックマンエグゼ』シリーズはゲーム作品とアニメ作品がそれぞれ多数存在しています。ここではGBA向けソフトのみ一覧にします(他にもアプリやワンダースワン、DSなどあります)

ロックマンエグゼシリーズ メインシリーズ
  • バトルネットワーク ロックマンエグゼ
  • ロックマンエグゼ2
  • ロックマンエグゼ3 / BLACK
  • ロックマンエグゼ4 レッドサン・ブルームーン
  • ロックマンエグゼ5 チームオブブルース・チームオブカーネル
  • ロックマンエグゼ6 電脳獣グレイガ・ 電脳獣ファルザー
ロックマンエグゼ 外伝的要素
  • ロックマンエグゼ4.5
  • ロックマンエグゼ バトルチップGP

インターネットの善悪も学べる最高の教材

例えば、1作目の『ロックマンエグゼ』では悪の組織がネット犯罪を巻き起こし電脳世界や現実世界に被害を与えるといった内容です。インターネットを使った犯罪によって現実でも起こりうる恐ろしさを教えてくれます。

CAPCONより

そして、2作目『ロックマンエグゼ2』では"シュン"という少年が大人にそそのかされてインターネット犯罪に手を染めてしまいます。

ロックマンエグゼ4では、『ダークチップ』という違法チップが登場。使うかどうかを「プレイヤー自身」が選択できます。使うとナビにバグが発生しますが、その代わり強大な力を使うこともできる。

そして、全シリーズ共通で「裏インターネット」が存在し、そこにはワルそうなナビがたくさんいたりしました。
「ネット社会」の便利な部分、楽しい部分だけでは無く、「闇」の部分についても考えさせられるとても良い教材だと感じます。

こちらもCHECK

不朽の名作『ロックマンエグゼ』はニンテンドースイッチで発売されるのか?【リメイク、バーチャルコンソール、移植】

続きを見る

まとめ:「ロックマンエグゼ」は素晴らしい作品だった

「当時だったから」と考える方もいらっしゃるかもしれません。ですが、この2020年現代だからこそこの作品の楽しさ・奥深さ、そしてこれから現実になりつつあるさらに発展したネット社会について多くを学べる作品なのではないでしょうか。

ニンテンドースイッチでバーチャルコンソール、もしくはリメイク・移植作品が2021年に発表されることに期待しています!

世の中にある様々なものがインターネットに接続されている世界が舞台となるこの『ロックマンエグゼ』の世界。現代では現実になってきているものもあるなど、2020年を迎えた現在だからこその楽しみも味わえます!

おっと
ロックマン.EXE トランスミッション!

【GBA】現代だからこそさらに面白い!名作"ロックマンエグゼ"の世界【ゲームボーイアドバンス】

CAPCONより

このゲームソフト、正式名称は 『バトルネットワーク ロックマンエグゼ』といいます。2001年3月にカプコンから発売された作品となります。

GBAソフト『ロックマンエグゼ』とは

主人公の光熱斗(ひかり ねっと)が住む現実世界と、その熱斗の相棒「ロックマン」が存在する世界「電脳世界」を交互に冒険して謎を解いたりバトルをするといった、当時2001年というまだ一般家庭にコンピューターが完全に普及していない時代に、斬新な世界観で人気を博したゲームソフトです!

西暦200X年。IT産業が急激に発達し、「PET」と呼ばれる携帯端末を全ての人が所有していた。 その中にいるのが擬似人格型プログラム「ネットナビ」である。 人々はネットナビを介して、日常のあらゆる行為をネットワーク上で行うことができ、生活は数年前とは比べ物にならないほど便利になっていた。

しかし、その一方でネット犯罪が深刻化し、各地のネットワークでウイルス・ネットテロ対策が社会問題化していた。 中でも悪質なのはWWW(ワールドスリー)と呼ばれるネット犯罪集団である。データを全て消去したり、機器を暴走させたりして、多くの人が被害を受けている。

彼らにはネット犯罪者を取り締まるオフィシャルネットバトラーも手を焼いていた。 デンサンシティ、秋原町。そこにはウイルスバスティングの得意な小学5年の少年、光熱斗がいた。彼のナビの名はロックマン。2人は大きな事件に巻き込まれてゆくことになる。

Wikipediaより引用

『ロックマンエグゼ』の 斬新だった設定

ロックマンエグゼシリーズは当時そこまで身近ではなかった『インターネット』『ネットワーク』がテーマになっています。それに伴い、ストーリーにも関連用語がたくさん出てきます。

時代は21世紀になったばかり。そもそも「インターネット」はまだまだ身近なものではなく、少し距離がありました。そんな時代に「電脳世界」に入り「コンピュータウイルス」とバトルを繰り広げるという設定はまさに斬新。

作品内でも、「バグ」「ウイルス」「エグゼ」などの用語が連発され、冷蔵庫や電子レンジ、テレビ、犬小屋すらもインターネットに接続されているという世界観。半端じゃない。

「どこか現実になりそうな楽しさと期待感」「でもどこかファンタジックで憧れになるようなストーリー」という絶妙なバランスが本当に魅力的でした。

おっと

主人公が放つ「ロックマン.EXE トランスミッション」もよくよく考えれば
ただの実行ファイル。。。

「ロックマン」とはパラレルワールド設定だった!?

CAPCONより

「ロックマン」と聞けば、やはり横スクロールの「ロックマン」を思い浮かべる方も多いはず。実はこれは公式に名言されていることですが、この「ロックマンエグゼ」の世界はどうやらそんな「ロックマン」の世界とはパラレルワールドという扱いになっているようです。

ロックマンエグゼの世界とロックマン世界

裏設定の話 になるのですが、 『ロックマンゼロ』 に関しては、 『ロックマン』→『ロックマンX』→『ロックマンゼロ』→『ロックマンDASH』 と、人が滅亡していく過程の中に、『ロックマンゼロ』の世界が設定されています。それに対して、 『ロックマンエグゼ』 の世界は、 『ロックマン』の世界 とどのような関係にあるのでしょう?

石原: 「パラレルワールド」 ですね。正史の『ロックマン』の世界では、ライト博士やワイリーはロボットを作っている世界ですが、それが、 『エグゼ』の世界ではネットの研究をしていた 、という世界です。

直接に関係は無いけれども、運命的にはつながっている、という形です。

CAPCON:カプコンゲームズより

『ロックマンエグゼ』は現代を予測していた!?

GAME Watchより

現在2020年…誰もがAI搭載の端末スマートフォンを持ち歩きどこでもネットに繋がっていることが当たり前になりました。

しかし、当時はまだまだパソコンや携帯すらも1家に1台あれば多かった時代。しかも携帯はたぶん2G世代(ギリギリ3Gか?)

ゲーム内ではあらゆる家電や”モノ”がネットワークとつながっています。
これも現在ではIoTと言われるあらゆる”モノ”がインターネットに接続され、実現していますよね!

まさか当時は、誰もがこのゲームに出てくる"PET"のような端末を日常的に持ち歩いてネット世界と常時繋がっている状態が実現されるなんて考えていませんでした。

『ロックマンエグゼ』シリーズ一覧

任天堂公式サイトより

そんな『ロックマンエグゼ』シリーズはゲーム作品とアニメ作品がそれぞれ多数存在しています。ここではGBA向けソフトのみ一覧にします(他にもアプリやワンダースワン、DSなどあります)

ロックマンエグゼシリーズ メインシリーズ
  • バトルネットワーク ロックマンエグゼ
  • ロックマンエグゼ2
  • ロックマンエグゼ3 / BLACK
  • ロックマンエグゼ4 レッドサン・ブルームーン
  • ロックマンエグゼ5 チームオブブルース・チームオブカーネル
  • ロックマンエグゼ6 電脳獣グレイガ・ 電脳獣ファルザー
ロックマンエグゼ 外伝的要素
  • ロックマンエグゼ4.5
  • ロックマンエグゼ バトルチップGP

インターネットの善悪も学べる最高の教材

例えば、1作目の『ロックマンエグゼ』では悪の組織がネット犯罪を巻き起こし電脳世界や現実世界に被害を与えるといった内容です。インターネットを使った犯罪によって現実でも起こりうる恐ろしさを教えてくれます。

CAPCONより

そして、2作目『ロックマンエグゼ2』では"シュン"という少年が大人にそそのかされてインターネット犯罪に手を染めてしまいます。

ロックマンエグゼ4では、『ダークチップ』という違法チップが登場。使うかどうかを「プレイヤー自身」が選択できます。使うとナビにバグが発生しますが、その代わり強大な力を使うこともできる。

そして、全シリーズ共通で「裏インターネット」が存在し、そこにはワルそうなナビがたくさんいたりしました。
「ネット社会」の便利な部分、楽しい部分だけでは無く、「闇」の部分についても考えさせられるとても良い教材だと感じます。

こちらもCHECK

不朽の名作『ロックマンエグゼ』はニンテンドースイッチで発売されるのか?【リメイク、バーチャルコンソール、移植】

続きを見る

まとめ:「ロックマンエグゼ」は素晴らしい作品だった

「当時だったから」と考える方もいらっしゃるかもしれません。ですが、この2020年現代だからこそこの作品の楽しさ・奥深さ、そしてこれから現実になりつつあるさらに発展したネット社会について多くを学べる作品なのではないでしょうか。

ニンテンドースイッチでバーチャルコンソール、もしくはリメイク・移植作品が2021年に発表されることに期待しています!

-アニメ・ゲーム
-, , , , , ,

© 2020 おとよめブログ Powered by AFFINGER5