ブログ運営

Twitterツイートをブログへ埋め込み引用するのは著作権法違反?

2020年4月22日

ブログにツイートを載せたいけど、著作権に引っかかったりしないかな?

今回はそんな悩みを解決します。

結論から言うと、問題なしです。

ですが、やり方を間違えると著作権法違反になるので注意が必要です。

この記事でわかること
  • ツイートをブログに埋め込むのは著作権法違反なのか
  • ツイートをブログに埋め込む方法
  • ツイートをブログに埋め込む際の注意点
  • ツイートをブログに埋め込んだ際の効果

Twitterツイートをブログへ埋め込み引用するのは著作権法違反?

繰り返しになりますが、問題なしです。

自分のツイートはもちろんのこと、ほかの人のツイートを埋め込んでもOK。

フォロワーさんである必要もなければ、埋め込む許可も必要なしです。

ですが、許可を取ったほうがマナー的には良いです。(必須ではない)

ツイートの埋め込みが著作権法違反にならないのはなぜ?

ずばり、Twitterの利用規約で明記されているからです。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して自ら送信、投稿または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。ユーザーのコンテンツはユーザーのものです。すなわち、ユーザーのコンテンツ(ユーザーの写真および動画もその一部です)の所有権はユーザーにあります。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

Twitterサービス利用規約より引用

簡単に言えば、「ツイート自体はユーザーのものだけど、Twitter社はそれを好きにできるよ」ということです。

ツイートする=世界中でみられることを許可したことになります。

つまり、ブログに埋め込みをしたとしても、それはTwitterのシステムなので問題ないのです。

ツイートの埋め込みはRTと同じ

もっと簡単に言うと、ブログへのツイートの埋め込みはRT(リツイート)と同じです。

いちいち本人に「RTしていいですか?」とは聞きませんよね。

ツイートの埋め込みは独自性を出すのに有効なので、是非とも便利に使っていきたいところです。

ツイートをブログに埋め込む方法

手順はこちらです。超簡単!

ツイートをブログに埋め込む手順
  • ツイートのURLをコピーする
  • 記事に埋め込む

ツイートのURLをコピーする

まずはツイート右上の「v」をクリックしてから、ツイートを埋め込むをクリックします。

すると、下記のような画面に切り替わるので、「Copy Code」をクリックします。

このような画面が出ればOK。コピーできています。

この方法で貼り付けできない場合

ツイートを埋め込むをクリックした後の画面で、少し上にスクロールするとこのような部分があります。

直接URLをコピーしてもOKです。

記事に埋め込む

先ほどコピーしたURLを貼り付けます。

まずは「埋め込み→Twitter」をクリック。

その後、先ほどコピーしたURLを貼り付けて「埋め込み」をクリックして完了です。

ここまでできると、下記のように表示されます。

これで埋め込みは完了です!お疲れさまでした。

https://twitter.com/otoyome_blog/status/1240501058104741888

ツイートをブログに埋め込む際の注意点

ツイートを埋め込んで利用するのは著作権違反にはなりません。

ですが、ツイートを利用する際ルールを間違えると違反になります。

ツイートを利用する際の注意点
  • スクリーンショットは著作権法違反!
  • リンク切れはユーザビリティが低下する

スクリーンショットは著作権法違反!

先ほど説明した「埋め込み」は問題ありません。

ですが、スクリーンショットをブログに貼り付けるのは違反です。

なので、ツイートを引用する際は、必ず埋め込み機能を使ってください。

リンク切れはユーザビリティが低下する

上記の方法で、正常に埋め込みを使っても、もとのツイートが削除された場合はリンク切れになります。

すると、記事には不自然に文字列のみが残るので、読者には意味が分かりません。

これではせっかく読んでくれているのに失礼だし、使いにくいサイトですよね。

なお、リンク切れを自動でチェックしてくれるプラグインもありますので参考にしてください。

Googleもユーザビリティ(使いやすさ・効率)は重視しているので、注意しましょう。

ツイートをブログに埋め込んだ際の効果

https://youtu.be/ofhwPC-5Ub4

GoogleはTwitterやFacebookのリンクを検索結果順位の評価に使っていると明言しています。

ツイートの埋め込みは、独自性が出せて効果的です。

ですが、ルールもあるのでしっかりルールは守って便利に活用しましょう。

 

-ブログ運営

© 2020 おとよめブログ Powered by AFFINGER5