会計ソフト

【2020年版】徹底比較!弥生・マネーフォワード・freee(フリー)で会計・確定申告をしたい!【個人事業主・フリーランス】

2020年6月11日

悩む人
確定申告とか会計処理を少しでも楽にできないかなぁ…

確定申告や、会計処理作業など毎回時間を浪費していませんか?

そういった方はエクセルでの処理はやめて『会計ソフト』をうまく活用することで解決できます。

ただ種類も多く、ぶっちゃけどれがいいの?と悩む方も少なくないはず。
ですが、そもそもの悩む時間自体も時間の浪費。

ということで、当ブログ(おとよめブログ)では会計ソフトやECサイト関連を取り扱っている企業での職歴がある私が、一番おすすめの会計処理ソフトを紹介いたします!

【2020年版】徹底比較!弥生・マネーフォワード・freee(フリー)で会計・確定申告をしたい!【個人事業主・フリーランス】

「やよいの青色申告 オンライン」が、期間限定で『初年度無償キャンペーン』を実施中です!
また白色申告の方は、「やよいの白色申告 オンライン」がずっと無料で使えます!

この青色申告オンライン無償キャンペーン中にぜひお試しください!

>>弥生のクラウド確定申告ソフトはこちら!

弥生・マネーフォワード・freee(フリー) の違い

まず根本として、弥生・マネーフォワード・freeeは以下のような違いがあります。

サービス名 / 機能 対応領域 他システム 支払い方法
弥生 白色・青色申告が別ソフト なし 年払いのみ
freee 白色・青色申告両方に対応 なし 月払い
年払い
マネーフォワード 白色・青色申告両方に対応 ・クラウド確定申告
・ クラウド請求書
・ クラウド経費
・ クラウド給与
・ クラウドマイナンバー
・ クラウド勤怠
月払い
年払い

この3つのソフトから『マネーフォワード』のみセットで他のサービスが必ず付いてきます。よって、マネーフォワードクラウド確定申告のみでの契約ができないのでご注意ください。

弥生・マネーフォワード・freee(フリー) の料金とサービス比較

サービス名
/ 比較項目
弥生 freee マネーフォワード
料金設定

 

◆やよいの青色申告オンライン
<無料期間2か月>
年間費用(税抜)
・セルフプラン 8000円
初年度0円

・ベーシックプラン 12000円
初年度6000円

・トータルプラン20000円
初年度10000円

◆やよいの白色申告オンライン
年間費用(税抜)
・フリープラン 0円
・ベーシックプラン8000円
→初年度4000円
・トータルプラン14000円
→初年度7000円




・無料期間1ヶ月

スターター
1180円/月
11760円/年

スタンダード
2380円/月
23760円/年

プレミアム
39800円/年



フリープラン
無料

パーソナルミニ
980円/月
9600円/年

パーソナル
1280円/月
11760円/年

パーソナルプラス
35760円/年
サポート

・セルフプラン
→サポートなし

・ベーシックプラン
→電話・メール

・ トータルプラン
→電話・メール
→業務相談など可
・メールサポート
・チャットサポート

電話サポートは
プレミアムプランのみ
・メールサポート
・チャットサポート

電話サポートは
パーソナルプランのみ
連携サービス Misoca
MoneyLook
Zaim
bizNote
Airレジ
スマレジ など
Recereco
GMOイプシロン
ユビレジ
スマレジ
モバイル Suica
SMART ICOCA
PiTaPa など
クラウドワークス
ランサーズ
イーコンテクスト
Coiney
Square
楽天スマートペイ
EC-Orange POS
Airレジ
スマレジ など

サポートは一部を除きどれにもある

弥生のセルフプランを除き、今回紹介したプランの中からでは最低限のメールサポート・チャットサービスがついています。電話サポートはどのサービスも上位サービスのみとなっているようです。

どれが一番使いやすい?

正直に申し上げますと、実際に使い相性がいいソフトを使うべきです。せっかく使い始めたのに「使いづらい」なんてことになると時間が勿体無いですよね。だからと言って、エクセルでの会計処理は本当に面倒ですし時間の無駄です。

一番早いのは、無料のプランがあるものはそのまま無料プランへ申し込み、無料体験期間があるソフトも申し込み3つをご自身で比較されたほうがいいです。

『面倒だな…』と思う方もいらっしゃるかと思います。

ですが、自分や会社に合った一番使いやすいソフトを使うことで今後の作業が減ったり残業がなくなると考えていただければ「まず行動してみよう」と思っていただけるはず。

やよいの青色申告 オンラインの初年度無償キャンぺーンについて

先ほどもチラッと紹介しましたが、人気の「やよいの青色申告 オンライン」が今なら期間限定で初年度無償キャンペーンを実施中です!有料ソフトを無料で使えるチャンス!

■ 対象プラン

・セルフプラン
「やよいの青色申告 オンライン」のすべての機能が利用できます!
通常8,000円/年(税抜)
→ 初年度0円

・ベーシックプラン
→すべての機能が使えて、電話/メール/チャットで操作相談が利用できます
通常12,000円/年(税抜)
→ 初年度8,000円/年(税抜)


・トータルプラン

→すべての機能が使えて、電話/メール/チャットで操作質問、業務相談が利用できます
通常20,000円/年(税抜)
→ 初年度1,000円/年(税抜)

■ キャンペーン期間
2021年3月15日(月)までの申し込み分
 

なんと!やよいの青色申告 オンラインが2021年3月15日まで、1年間無償キャンペーンを実施中です!
また「やよいの白色申告 オンライン」に関しては、すべての機能が使えて永年無料となっています!

『どれがいいか結局よくわからない』
『全部同じに見えた』
という方は、ぜひこの機会に弥生会計オンラインを無償で使いましょう!

>>無料で使える弥生のページはこちらから!

また、こちらの記事では弥生の評判やさらに詳しい内容をまとめてありますのでぜひご覧ください。

参考『弥生(やよい)』は使いにくい?無料で確定申告と会計業務!評判や料金は?【口コミあり】

続きを見る

どれが一番良い?

今回紹介した3つのサービスについては、操作のしやすさなどは特に大きな差はありません。

ですので、先ほどもお伝えしたように基本的には一度3つの無料期間を利用してみて試しに使用してみたほうがいいのではないかと考えます。

比較表にも記載ある通り、最低1ヵ月以上は利用できます。個人事業主の方やフリーランスの方の業種や運営方針によってもだいぶ変わってくるかと思います。

わかりやすいように下記に無料体験・無料プランがすぐ試せるようにリンクを貼っておきます。

どれも思った以上に簡単、かつ便利なのでぜひ一度体験してみてくださいね。

 

 

 

マネーフォワードクラウドについてはこちらにまとめ記事を書いていますので、合わせてご覧ください!

参考確定申告や会計業務ができる『マネーフォワードクラウド』の評判は?【無料体験あり】

続きを見る

飲食店向けの経費削減アイデアまとめ

コロナウイルスの影響で一気に状況が変わったという方も多いですよね。経済的な打撃はこれから大きくなっていくと言われています。「今はまだ余裕があるから…」と思っている方も、今後またどうなるかは誰にも予測ができないです。

そこで、飲食店様向けに経費削減のアイデアをまとめていますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

こちらもCHECK

【2020年版】飲食店の経費削減アイデア案をまとめてみた【必見】

続きを見る

単純にお金がない!そんなときは「不要なものを売る」

お店を経営されている方やフリーランスの方でなくても、『現金を少しでも持っておきたい』と思っている方も多いはず。

テレビでも報じられた通り「金」の高騰なども話題でしたが、他にも高く売れるものって結構あったりするんです。断捨離にもなるのでとても良いですし、どうせ使っていないものがあるなら売却し現金を得るのも一つの手です。

こちらの記事に「どんなものが」「どれくらいで売れるのか」をまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

こちらもCHECK

コロナ禍でお金がない!家にある"アレ"を売って現金をもらおう!【買取おすすめ】

続きを見る

 

-会計ソフト
-, ,

© 2020 おとよめブログ Powered by AFFINGER5