※当ブログはアフィリエイト広告を使用しています

楽器・機材

島村楽器の初心者セットの評判は?実際にギターだけ買ってみました【バスカーズ】

2020年9月4日

『島村楽器の初心者セットの評判が知りたい…』
『初心者セットのギターってちゃんとしたものなの?』
『音とか作りはどうなんだろう』

こんな悩みに答えます。

今まで数十本のギターを所持してきて、特に初心者向けの安い機材がとっても好きで今でもよく購入しては遊んでいます笑
そんなわけで、安いギターにめちゃくちゃ触れてきました。

ちなみに安いギターの代表格、中古で5000円で買った『プレイテック』というメーカーのテレキャスタータイプでも
こんなレビュー記事を書いています。

参考【動画あり】プレイテックのテレキャスターTL250を改造していく【レビュー評価】

続きを見る

そんな私が今回は、島村楽器の初心者セットについてレビューしていきます!
ちなみに初心者セットについてくる色々な周辺機器などは普通に購入できるものと変わりませんので
島村楽器で初心者セットとして売っているBUSKER'S(バスカーズ)のレスポールタイプ"BLS300"を中心にレビューしていきます。

※さらにこのバスカーズのレスポールタイプと本家ギブソンのレスポールを比較した記事もご用意しました!
ぜひ参考にしてください!

こちらもCHECK

ギター初心者におすすめ!BUSKER'S(バスカーズ)のレスポールBLS300の徹底的にレビュー!【島村楽器】

続きを見る

島村楽器の初心者セットの評判は?実際にギターだけ買ってみました【バスカーズ】

島村楽器といえば、全国展開している楽器屋さん。
実は私自身も中学生の時に父親と島村楽器を訪れ、はじめてのギターを購入しました。

そんな思い出深い島村楽器さんですが、
最近購入した憧れのPRS(ポールリードスミス)も島村楽器さんで購入させていただきました。

そのギターはこちらのyoutube動画でレビューしています。

 

島村楽器さんで中古で購入させていただきましたが状態もとても良く、サウンドもとてもよかった。
そんなわけで今でもかなりお世話になっております笑

島村楽器の初心者セット、どんな種類がある?

やはり島村楽器に行くと店員さんが間違いなく勧めてくるのは、自社ブランドの初心者セットですかね。
中にはフェンダー直系のスクワイヤーというメーカーとかギブソン直系のエピフォンとかをセット売りとして販売している島村楽器さんもありますが、
基本的には島村楽器が持っている自社ブランドが安くてお買い得ということでお勧めされるかと思います(ネットでは押し売りとか酷いとか言われていますが・・・笑)

島村楽器の自社ブランドって?

要は、プライベートブランドです。イオンとかでも「トップバリュ」とかありますよね。あれと同じ感覚。
自社で開発して自社で製作し、自社で販売する。だからコストを抑えられて質の高いものを安く売ることができます。

なので、実は結構良いんですよ。

島村楽器の自社ブランド一覧

  • HISTORY(ヒストリー)
  • RYOGA(リョウガギターズ)
  • CoolZ(クールジー)
  • LaidBack(レイドバック)
  • BUSKER'S(バスカーズ)
  • James(ジェームス)

ギターであればこんな感じですかね。
例えば、一番上のHISTORY(ヒストリー)というメーカーは、あの超絶な人気を誇っているシンガーソングライター「あいみょん」さんが使用されているということで話題にもなりました。

実は私も記事にしています。

参考【ヒストリー】あいみょん使用ギターは?同じブランドのHistoryが7万円以下で買えるぞ!

続きを見る

あいみょんが使っているメーカーHISTORYは高価なモデルばかりですが、そんなメーカーから比較的安価なモデルが出たので話題になりました。

今回紹介するのは、上記の自社ブランドの中でも特に初心者向けのセットとして販売されていることが多い「BUSKER'S(バスカーズ)」のギターをレビューしていきます。

BUSKER'S(バスカーズ)の初心者セットってどう?

バスカーズの初心者セットはこんなラインナップが多いみたいですね。

バスカーズの初心者セット

  • ギター本体
  • ソフトケース
  • ギターアンプ(VOX)
  • 教則本
  • チューナー
  • ピック
  • ストラップ
  • シールドケーブル
  • お手入れクロス
  • 交換用セット弦
  • スタンド
  • アクセサリーポーチ

これで12点セットになっているようです。

VOXのアンプは私も現在所持していますが、良い音しますよ!
ちなみにギター本体のみだと1万3千円ほどで買えます。

アンプで大きな音は出せなくても、最低限ギターを自宅で弾くだけなら、

  1. ギター
  2. ピック
  3. チューナー

上記3点だけで充分なので、バラバラで買ってうまく弾けそうならアンプを後から買ってもそこまで価格に差は出ません。

 

ちなみに、ギター1万3千円だとして、上記のアンプが7000円くらいなので2万円。
そこに、チューナーが2000円くらいです。

12点セットで買うと2万9千円~3万円ちょいになりますが

この3点だけでいいなら2万2千円。

約8千円の差は大きいと思います。
なので、上記のようにアマゾンとか楽天でバラバラで買うのも意外とありなんですよね。
そしてギターの教則本とかはあまりいらない。今はyoutubeとかにもギターの先生はいますしね。

肝心のギター本体のサウンドはどうなの?

さて、本題ですね。
果たしてBUSKER'S(バスカーズ)のギターはどんな音なのか。

BUSKER'Sのストラトタイプのギターも購入したので動画を撮ってみました!

私が所持しているレスポールタイプのBLS300を例に実際に細かくサウンドチェックしています!

 

サウンドは本家ギブソン!とまではもちろんいかないですが、温かみのあるサウンド
そしてガッツリ歪ませるとエッジの効いた攻撃的なサウンドになってくれていますよね。

ちなみに細かいスペックや作りこみがどうなっているか、といった「作り」の部分ではこんな動画にまとめています。

 

本家ギブソンとの比較もしていますので、ぜひ参考にしていただければなと思います。

YouTubeチャンネルもやっています

筆者は当ブログ(おとよめブログ)の運営と、YouTubeチャンネル「おとよめチャンネル」の運営もしています。
投稿ジャンルはアニメ・ゲーム系の商品レビュー、ギター本体やギター関連機材のレビューなど行っています!

ぜひ、チャンネル登録していただけると嬉しいです!

-楽器・機材

© 2024 おとよめブログ Powered by AFFINGER5