楽器・機材

LEGPAPという中華製のシェクターSD-24風のギターが凄い!【評判・感想】

2020年12月6日

今まで、様々な安いギターをレビューしてきました。

島村楽器の初心者向けギターBUSKER'S(バスカーズ)や人気のBacchusやplaytechのテレキャスタイプも弾いてきましたが、今回紹介する上海のギターブランド「LEGPAP」というメーカーのギターで、しかも!ギタリストなら一度は憧れるロック式トレモロ「フロイドローズ」搭載のギターです!

試奏した動画は後日Youtubeに投稿しようと思っています。投稿したら、この記事に貼りますね!

LEGPAPという中華製のシェクターSD-24風のギターが凄い!【評判・感想】

legpap1

今回購入したLEGPAPのギターがコチラ。調べたところによるとLEGPAPの「LE」シリーズと呼ばれるモデルらしいです。中古屋さんで1万4千円ほどで購入させていただきました。(安い)

今回このギターを購入した理由は

  1. 見た目が素晴らしかったから
  2. フロイドローズ(ロック式)はまだ持ってなかったから
  3. SCHECTERの"あの"ギターにそっくりだったから
  4. 安かったから

正直、安さには驚きました。24フレットでフロイドローズのギターってたくさんあるにはあるんですけど正直見た目でグッとくるデザインがなくて・・・本当はSCHECTER(シェクター)のSDシリーズやEXシリーズ、Killer(キラー)のKGシリーズなんかが好みで、ずっと憧れていたのですがどうしても購入する勇気とお金がなく・・・

そんな時にこのギターを発見したので、思い切って購入させていただきました(^^)/

コイルタップ機能がついているのでハムバッカーをシングルコイルにして普通のストラトサウンドっぽい使い方もできます!

LEGPAPのLEシリーズはSCHECTER(シェクター)にそっくり?

先ほども少し話しましたが、このLEGPAPのLEシリーズは見た目が有名なSCHECTER(シェクター)のSDシリーズやEXシリーズにそっくりです。

昔、知人からSD-24は貸してもらいライブでも使用していましたが遜色ないレベルで見た目が再現されています。

ちなみに、比較するとこんな感じです。

legpap4

SCHECTER Japan公式ホームページより

上が今回購入したLEGPAPのLEシリーズ。下が本家でありみんなの憧れSCHECTERのSDシリーズ。

どうでしょうか。もちろん本家のSDシリーズには威厳というか、やはりそれ相応の雰囲気があるようには感じますがLEGPAPも負けてないのでは?と思います。というか、本家の10分の1のほどの価格でここまで出来たら十分すぎるのではないかと思ってます笑

本家シェクターさんのSDシリーズのスペックは

MODEL SCHECTER SD-2-24-AL
BODY Laminated Quilted Maple Top , Maple Top & Alder Back(Three-layer structure)
NECK Maple
FINGER BOARD Pau Ferro or Maple
FRETS 24 Frets
SCALE 25 1/2"
JOINT Ultra Access 4-Bolt
PICKUPS SCHECTER SUPER ROCK J
SCHECTER MONSTER TONE J
SCHECTER SUPER ROCK J
BRIDGE SGR Locking Tremolo
CONTROL Volume / Tone (Split Tone Control) / CRL 5Way / Mini Switch(Coil Split Switch)
COLOR BLU(See-thru Blue) / RED(See-thru Red) / AQB(Aqua Blue) / AMB(Amber) / PUR(See-thru Purple) / GRN(See-thru Green) / STBK(See-thru Black) / PINK(See-thru Pink)

引用元:SCHECTER公式ホームページより

昔はボディ材が違った気がしますが、2020年12月現在のスペックはアルダーボディのようですね。またピックアップは有名なシェクターのSUPER ROCKとMONSTER TONEとのこと。機会があればこのLEGPAPのLEにこのピックアップを載せたらいい音になりそうな気がしますね。

ヘッドの形状やペグ周り

legpap5

ヘッドはこんな感じです。シェクターのヘッドデザインとはちょっと違うかな?といったところ。ただ、ロゴが金色だったりマッチングヘッドになっていてちょっと豪華に見えるので知らない人が見たら「すごい安物感」はわからないと思います。

ペグの回した感じも悪くはなく、何かが緩いとか、ぐらついているとか、そんなこともありません。
そしてペグの素材が白くてお洒落な感じになっています。

legpap6

ロック部分・ブリッジ周り

legpap7

ペグを回してチューニングする際は、上の画像のロック部分を六角レンチで回して緩めてからになります。

ちなみに中古で買った際は六角レンチは売っていませんでした。たまたま自宅にあった3mmの六角レンチで回せました!

legpap8

ブリッジはこんな感じ。よくあるフロイドローズです。ペグじゃなくても、このブリッジについている黒いコマを回して細かくチューニングができます。

アーミングを思いっきり使ってもチューニングがずれない!素晴らしいです!

legpap9

ブリッジに書かれていた「Licensed Under Floyd Rose Patents」…「ライセンス製品のフロイドローズ」・・・という意味になるみたいですね。

フロイドローズにはいくつか種類があるらしく、有名な「Ibanez」や「GOTOH」製のフロイドローズにもこの「Licensed Under Floyd Rose Patents」と記載があるようですが・・・このLEGPAPにはどこ製のが付いているかは不明ですね。

ネック周り

legpap10

ネックは、メイプル材にローズ指板と思われます。そして、1万円台とかの安いギターってドットポジションが安っぽいのが当たり前なんですけどLEGPAPのこのギターはちょっとお高めのギターみたいにキラキラしてるドットが埋め込まれています。(ただ結構まばらではありますw)

フレット処理は少し粗いかな…というくらいで別に全然ひどくなく、むしろ1万円~2万円台のギターでこのレベルの作りなら個人的には全く問題なしです。

ボデイ周り

legpap11

ボディに関しては本当に言うことなしです!塗装も分厚い感じはしますが、ちゃんとキルトトップな感じになっていますのでボディだけ見たら本家シェクターや有名ブランドのギターと間違えてしまいそうです。

ピックアップはH-S-H配列で、メーカーは不明。出力はやや高めなようでオーバードライブサウンドのノリがとっても気持ちいいです。

legpap12

裏は黒い感じ。本家シェクターの裏のボルト部分は、ボディに直接ボルトが差さっていてプレートがありませんがLEGPAPのギターにはプレート4点止めになっています。

legpap13

ピックガードは3Pで、ただの白いものではなくキラキラしている感じで、ここも本家っぽい作りに。

コントロール部分はボリューム1つ、トーンが1つ。セレクターは5wayというスタンダードな仕様になっています。

ボリュームとトーンは重めな操作感でした。また、ミニスイッチはリアとフロントのハムバッカーピックアップのコイルタップスイッチになります。コイルタップするとしっかりシングルコイルのサウンドになります。

LEGPAPのギター、結構いいぞ

legpap14

そんなわけで、1万円台で購入できた憧れのシェクター風ギターはとっても素晴らしいギターでした。

高価なギターと比べてしまうとどうしても安っぽさや作りの甘さを感じる部分もありますが、価格帯を考えるとむしろ出来過ぎているくらいのクオリティだと思います。

24フレットでフロイドローズ、初めてこのタイプのギターを購入しましたが満足ですね。
長く使っていけるように大事にしていきます。

※後日、Youtubeに実際に弾いた動画を投稿します(普段はギター関連とクレーンゲーム、アニメゲーム関連やってます)
>>チャンネルページはコチラ

こちらもCHECK

【初心者におすすめ】バッカスのテレキャスターがマジでおすすめな理由【ギター初心者】

続きを見る

こちらもCHECK

【2020年版】エレキギター初心者セット『1万円台』のおすすめギターまとめ

続きを見る

 

-楽器・機材

© 2021 おとよめブログ Powered by AFFINGER5