【グレッチエレマチ】Gretsch Electromaticのヘッドの”Electromatic”が無くなった!買うなら今か!?試奏してみた!評価は?中古の価格は?

本日は、ギタリストが一度は憧れるであろうギターメーカー「Gretsch」。ただ、値段も結構高いし、なかなか手に入れようと思うと覚悟がいりますよね。

憧れのGretsch

Gretschで製作されてるギターのほとんどはいわゆる「セミアコ」っていう部類に入るんですが、「セミアコが欲しい!」ってだけならepiphoneとかTokaiだとかIbanezとかお手頃な価格帯で定評のあるメーカーもあります。

セミアコ定番① epiphone CASINO

ちなみに、epiphoneで有名なのがCASINO(カジノ)というギター。

イシバシ楽器より

見た目も音もGood!このかっこよさで価格帯は新品で5万から6万、ちゅうこで4万ほど。かなりお得ですし、プロも使っている安心モデル。

セミアコ定番② Gibson ES-335

値は張りますが、セミアコと言えばGibson ES-335がド定番。

イシバシ楽器より

店頭価格は、だいたい30万弱。価格は先ほどのCASINOと比べるとびっくりするくらい高いですが、実際ES-335はとてもいいギターです。ロックからブルース、ポップスなど様々なジャンルに対応できる音だと思います。

Gretschといえば

グレッチと言えば、これ!というギターを紹介します。

世界一美しいギター”ホワイトファルコン”

グレッチといえば!ホワイトファルコン!世界一美しいと言われるギターです。

神田商会 Gretsch公式ホームページより
Gretsch G6136-55 Vintage Select Edition '55 Falcon Hollow Body with Cadillac Tailpiece
Gretsch Guitarsより

価格帯は50万から60万…高すぎる…そこそこいいギター2,3本くらい買えてしまう…

G6119T Tennessee Rose

こちらもグレッチを代表するギター。テネシーローズ。ミュージシャンでいえば浅井健一さんをはじめとした方々も使用していますね。

神田商会 Gretsch公式ホームページより

そのサウンドもさることながら、何よりルックスが最高ですよね。グレッチは特徴的なピックアップがついているので、サウンドも独特です。

価格帯は40万ほど。やはり高い…

そこでElectromatic

そこで、廉価版のElectromaticという選択肢。ただ、このElectromatic(エレマチ)は韓国製であること(別に韓国製だから粗悪品ということではないので注意)、そして昔はヘッドロゴは”Gretsch”なんですがその下にでかでかとElectromaticの文字も入っていることから、正直「ちょっとダサい…」と個人的には思い、敬遠しているところがありました。

ですが、数年前に実はこのElectromaticはリニューアルしており、ヘッドデザインの変更に伴いそのElectromaticロゴが無くなったんです!これはうれしい!

ちなみに、最初に紹介したホワイトファルコンっぽいギターもあります。

神田商会 Gretsch公式ホームページより

こちら、店頭販売だと16万弱ほど。普通のギターよりはまぁちょっと高いけど、これでグレッチが手に入るなら少し悩んじゃうなーと考える価格。この色は限定色みたいな感じなんで、同じよう形でちょっと違う色でいいなら12~14万ほどで購入できます。

実際試奏をしてみましたが、キレイな音で作りも韓国製ということで若干の心配もありましたが、悪くはなかったです。

楽器屋さんに置いてあることもあるかと思いますので、気になっている方は市場手に取ってみると意外と良いことに気づくかと思います!

YouTubeチャンネル開設しました!

おとよめチャンネル開設しました!ギター関係の動画も多くアップしていますのでよければチャンネル登録やリクエストなどお願いします!

【比較レビュー】バッカスのテレキャスとフェンダーの違いを実際に弾いて確かめてみた
【初心者でもできた!】fenderデカールシールを貼りつける【プレイテックギター改造シリーズ③】

コメント