COMIC

【ネタバレ感想】『村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない』が面白い!【レビュー】

2020年5月6日

『ヤングエースUP』で連載中の「村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない( 著:昼熊)」が面白すぎたのでレビューします。

ヤングエースUPは「蜘蛛ですが、何か?」「賢者の孫」「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」などアニメ化作品が多いので「村づくりゲーム」もアニメ化しないか期待してます。

【ネタバレ感想】『村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない』が面白い!【レビュー】

あらすじ

三十路を過ぎた引きこもりのニート良夫に差出人不明の小包が届く。その中身はゲームディスクで題名が『命運の村』と書いてあった。趣味の懸賞で当てたゲームだろうと気軽な気持ちでダウンロードすると実写と見紛うような美麗なCGのゲームが始まる。

ゲーム内の村人たち全員が高性能AIで、まるで人間のような挙動をすることに戸惑いつつもゲームにハマっていく。そのゲームで良夫は運命の神となり村人を導く立場となるのだが、ゲーム内でやれることは一日一度の神託という名の指示を出すことと、村人たちの感謝の気持ちをポイント化して実行できる奇跡の力のみ。

神のように崇められる自分と現実の情けない自分。その違いに苦悩しながら時に村人を救い、時に村人に感化され良夫の現実世界は好転していく

https://ncode.syosetu.com/n1119fh/ より引用

感想(ネタバレあり)

「神様として村づくりを見守る」ゲームのテストプレイヤーになった主人公の物語です。

NPCが本当にリアルの人間のように描かれており、臨場感たっぷりです。

ゲームオーバーになるとゲームができなくなってしまうので、何とか村を壊滅させないように頑張る主人公がいいキャラしてます。

30代無職独身の主人公が、ゲームをきっかけに 少しずつ成長しようと頑張る所が良いですね。

このままではいけないと思っていても、なかなか行動に移せず先延ばしにしていたのを、ゲームの中の村人を見て奮起し、一歩を踏み出していきます。

村の発展と現実世界のシンクロなど、ゲームの謎も気になるので続きが楽しみな作品です。

評判

https://twitter.com/RNDN05591817/status/1240325459922960384

既刊一覧

-COMIC

© 2020 おとよめブログ Powered by AFFINGER5