Youtuber

【収益化は?】音声配信「stand.fm」を実際に使ってみた!【スタンドエフエム】

2020年9月1日

今回は、音声配信のプラットフォーム「stand.fm」(スタンドエフエム)を
実際に登録してチャンネルを作り音声配信をしてみたので、やり方と方法をまとめていきます!

この記事でわかること

  • 音声配信って?
  • stand.fmってなに?
  • なぜ音声配信なの?
  • 実際に利用した感想
  • 収益化について

こんな感じでまとめていきます。
私たちは、夫婦で当ブログ(おとよめブログ)を運営しており最近、YouTubeチャンネルも始めて8ヶ月で収益化を達成しています。

そんな筆者が注目したのが「音声配信」です。

【収益化は?】音声配信「stand.fm」を実際に使ってみた!【スタンドエフエム】

音声配信って?

音声配信は、簡単に言うとラジオですね。
昔からyoutubeやニコニコ動画などの動画配信サイトでもラジオ的立ち位置のジャンルって存在はしていました。

いわゆるAM・FMラジオ局さんが運営するラジオっていうと、現代では車の中で聞くくらいになっているのではないかなと思います。
テレビがない時代は貴重な音声メディアとして絶対的な支持を得ましたがテレビが始まりインターネットの時代が始まるとその人気は衰えていきます。(根強い人気はありますが)

そんな、「音声」メインの配信が今とても注目されています!

stand.fmってなに?

stand.fm(スタンドエフエム))は、すでにいくつか存在する音声配信メディアのうちの1つです。
AndroidでもiPhoneでもダウンロードができるアプリになっていて、アプリさえダウンロードすれば誰でも聴くことができます(特に個人情報とか入れなくてOK)

録音編集投稿までがアプリ内で全て完結するので、なんとスマホさえ持っていれば無料で配信を始めることができます!
ちなみに公式サイトからアプリへのリンクがあるので、気になる方は試しにインストールしてみましょう。

なぜ音声配信なの?

デジタル音声広告の市場規模は今、とてつもないレベルで成長を遂げているのだとか。

 

そういえばちょっと前から、「オーディオブック」とか色々音声で学習したり音声で楽しんだりするコンテンツはありましたよね。それがコロナウイルスの影響もあり自粛期間なども相まって、ユーザーが増えてきたということになるんでしょうか。

実際にはコロナウイルスの影響とか関係ないようですね。詳しくは外部サイトになりますが参考になるサイトがあるので
ぜひこちらも確認してみてください。

>>オトナルブログ~音声コンテンツの未来とは?音声メディアが切り開く音声市場

ちなみに、なぜ「私自身が音声配信を始めてみたのか」については今後この『stand.fm』(スタンドエフエム)で理由を話します。
ブログやyoutubeではなかなか語れない貴重な情報もぶっちゃけてみようと思っていますので、ぜひフォローしてください!

実際に利用した感想

stand.fm1

iPhone版のトップページ

実際に「stand.fm(スタンドエフエム)」を利用して見た感想です。
以前Twitterでも投稿しました。

この感想は実際に登録してから1本だけ放送を投稿してみたあとすぐに書いた内容です。
もう少し細かく内容をまとめると

stand.fmを使った感想

  • ブログやYouTube発信より圧倒的に手軽
  • スマホ1つで完結できるのはありがたい
  • 機材が必要ない
  • 台本ガン見でOK
  • BGMが無料で使える
  • 編集機能が使いやすい

 

こんな感じですかね。

圧倒的に手軽

ブログは記事を書いて、体裁を整えてリライトして・・・がメリットでもあり大変なところでもあります。
youtubeは、BGMだけでなく部屋が散らかっている時になるし、撮影場所の選定も大変ですし映像の編集技術や顔出ししている方は表情など気にしなければいけないことがたくさんあります。

それに対して音声配信は声だけなので、手軽にできます。
ヘアスタイルや着ている服なども気にしなくてOKなのもいいですね。

スマホ1つで完結

stand.fm2

iPhone版stand.fmのチャンネルページ

 

プロフィール画面はこんな感じ。
画像の下にある「収録をはじめる」という部分をタップすると、「収録」か「LIVE」かを選択できます。

stand.fm3

収録は録音、LIVEは生配信

 

お試しで「収録」をタップすると、下の画像のような録音画面になります。

stand.fm

録音画面もとてもわかりやすいので 直感的に操作ができる

あとは、赤いボタンを押すだけで録音開始
間違えたところから録音もできるし、録音のし直しも簡単に可能です。

音声後のカット編集は録音後に右上の「切取」から範囲を選択してできます。

stand.fm

BGMも豊富

収録が終わったら、右上の「BGM」というところを押すとこんな感じでBGMを選べます。
曲の雰囲気ごとにわかれています。

stand.fmで選べるBGM

  • 明るい
  • アップテンポ
  • 神秘的
  • リラックス
  • ホラー
  • クール
  • ポップ

ジャンルによって曲数がだいぶ変わります。
例えば、「明るい」「リラックス」「クール」「ポップ」は10~20曲ほどはありますが、ホラーなどは2曲ほど(2020年8月31日現在)

ジャンルによって差はありますがBGMは全体的に数が多いので迷うくらいにはあります。

stand.fm

投稿画面はこんな感じ。シンプル。

BGMを挿入したら、最後に投稿画面です。
音声のタイトルを入力して予め設定されたカテゴリを一覧から選びます。

そして放送の説明をタグとともに書いていきます。
youtubeでいうところの概要欄的な感じなんですかね?

800文字までいけるので結構かけそうです。

「レター」で質問を募集できる

視聴者さんからの質問も募集できます。
これを読んで解決していくのも、とっても楽しそう。

stand.fm

レター機能がとても楽しそう

レター機能で、質問を募集できます。
しかも、SNSでの質問募集もできるのでうまく活用すればSNSからの視聴者流入も見込めそう。

とっても楽しそう。
誰か質問くださいw(いただけたらお答えしますw)

 

stand.fm5

こんな感じの画面で質問できます!

 

収益化について

音声配信はまだ「副業」として単体で確立しているものではありません。
stand.fm」(スタンドエフエム)は2020年8月に「収益化」について発表をしました。
まだまだYouTubeのようにパートナープログラムの制度がしっかりできているわけではなさそうですが、少しずつ展開していくみたいです。

収益化については2020年9月現在、アプリをインストールしたあとのページから収益化のパートナープログラムを受け付けており審査に受かったのちに再生回数に応じて収益化が可能になるとのこと。

ブロガーやyoutuberの方は、自分のブログやyoutubeチャンネルのサブとして新たに音声配信へも参入してみても面白いかもしれません。
入り口のハードルはyoutubeよりも個人的には低いのかなぁとも思っています。

今後、stand.fmのチャンネル運営についてや収益化、副業としてのブログやyoutubeについてもstand.fm内でお話していきたいと思いますので
ぜひフォローしてください!お待ちしています!

 

普段は、youtubeでアニメ・ゲーム関連の楽しい動画も投稿中!
またYouTubeのチャンネル運営や収益化についても語っています。

こちらもCHECK

【報告】YouTube収益化1ヵ月目の収益レポート!どれくらい稼げるの?【実態】

続きを見る

-Youtuber

© 2020 おとよめブログ Powered by AFFINGER5