VIDEO

【はたらく細胞(著:清水茜)】が『世界一受けたい授業(日本テレビ系)』2時間SPにて放送!どんな漫画?あらすじ、アニメ放送日などを紹介。

2019年7月27日

2019年7月27日(土)19時より、日本テレビ系で放送される「世界一受けたい授業 夏の5つの悩み解決SP」に登場するそうです。
実は、「はたらく細胞」をアニメで視聴してからどっぷりハマってしまいまして、もちろん原作漫画も所持しています。
そこで今回は、「はたらく細胞」がどんな物語なのか紹介していきたいと思います。

「はたらく細胞」をアニメで見れる方法も紹介してます。

はたらく細胞とは?

白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞…etc.人間の細胞の数、およそ60兆個! 彼らは皆、体の中で休むことなく働いている! 体内に入ってきた細菌・ウィルス・異物には徹底抗戦! そこには細胞たちの知られざるドラマがあった!シリウス新人賞出身の清水茜が描く、細胞擬人化ファンタジー!

月刊シリウス公式サイトより引用

私たちの体の中に存在するさまざまな細胞たちが、どのような働きをして私たちを生命を維持してくれているのかを『擬人化』することでとても分かりやすく説明してくれる漫画です。

魅力的なキャラクターたち

月刊シリウスはたらく細胞公式より

企業とのコラボ

2018年、熱中症による搬送者数は過去最多を記録*。
猛威を振るう熱中症に対して、一人でも多くの熱中症患者を減らすため、
ついに体内細胞擬人化アニメ「はたらく細胞」と健康飲料「ポカリスエット」が立ち上がった。
*総務省:平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況より

ポカリスエット×はたらく細胞公式サイトより引用
https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=zYGjiqVWnNs

2018年に熱中症が社会現象となり、全国的に猛暑日が続いていましたよね。
その際に、アニメ版『はたらく細胞』の11話「熱中症」が公式より無料で公開されていました。また、原作第6話「熱中症」の話も無料で公開されています。
この大塚製薬とのタイアップ動画は、11話「熱中症」のアナザーストーリーとなっており、熱中症対策をするのにポカリスエットを是非摂取しよう!という内容です。

おすすめポイント

  • 体の中の細胞名やはたらきがわかる
  • 細胞だけではなく、肺や皮膚などのはたらきも描かれている
  • 花粉やウイルスなどの外敵も登場するので、「倒す=治る」の仕組みが分かりやすい

『はたらく細胞』は細胞たちが擬人化しているので、読んでいるだけで何となくこの細胞がこれを倒したからこうなるんだな。というのが分かると思います。教科書のように難しい単語で説明されても理解しにくいことが感覚的に理解できるところが面白いです。

キャラクターたちもとても魅力的で、それぞれの細胞の能力や特性にリンクした性格になっています。例えば、ウイルスなどの外敵を退治する細胞の好中球(白血球)は好戦的な性格です。
彼らは細胞なので同じ名前の人物(細胞)がたくさん存在していますが、名前は存在せず細胞名で呼び合っているポイントです。細胞名で呼んでくれるので、だれがどのはたらきをしているのかがとても分かりやすいです。

この作品は「細胞のはたらきが読んでいるだけでわかる」ので漫画でわかる教材のような側面もあると思います。難しい言葉を使わずに大事なことが分かるとても良い作品だと思います。

アニメ放送日

アニプレックス公式サイトより

アニメの1期はすでに終了していますが、2期の製作が決定しています。
楽しみに待ちましょう!

はたらく細胞第一期を見たい方はこちらからどうぞ!

https://syumizakkiblog.com/2020/3161/

-VIDEO

© 2020 おとよめブログ Powered by AFFINGER5