ゲーセン攻略

【クレーンゲーム】箱の横部分をアームの爪で押すタイプの筐体の攻略方法

2020年7月15日

今回は、箱の横部分をアームの爪で押すタイプの筐体について紹介していきます。

橋渡しが苦手でも、箱にアームの爪をぶつけることができれば簡単に取れるのでおすすめです!

この記事でわかること

  • 箱の横部分をアームの爪で押すタイプの筐体とは?
  • どんな景品が入っているの?
  • 取りやすい景品は?
  • 攻略方法
  • 注意点

『箱の横部分をアームの爪で押すタイプの筐体』とは?

『箱の横部分をアームの爪で押すタイプの筐体』は下記の動画のような落とし方です。

フィギュア以外にも、箱に入ったお菓子などもこの取り方ができる場合がありますね。

基本的には、よく動く部分を押してずらしてあげるだけです。

どんな景品が入っている?

動画のようにフィギュアが多いですね。

ワンピースやドラゴンボール、Q-posket(キューポスケット)などもありました。

橋渡しでは取るのが難しい正方形のフィギュアもこの方法なら簡単に取れます。

このような箱が大きく、正方形のものは積極的に狙っていきたいですね。

取りやすい景品は?

あまり重たくない景品はほとんど取れますが、

中でも取りやすくておすすめなのは、長方形で軽い景品です。

一方で取りにくいのは、ワンピースのフィギュアなどの重たいもの。

男性キャラクターのフィギュアは衣装が豪華なのでずれにくく、取るのが難しいです。

このフィギュアも同じ方法でゲットしましたが、3,000円ほどかかったので重たいフィギュアが欲しいなら橋渡しがおすすめです。

攻略方法

動く方の辺をひたすら押せばOKです。

開く力で横にずらして落としていきます。

初期位置からの一手目は、端を狙います。

これは少し角によりすぎてますが、うまくズレてくれました。

2センチほどズレています。

2手目も同じ部分を狙っていきます。

開く力で落ちます。

端を押しても動かない場合は?

たまにベストな位置にアームが当たっても、全く動かないことがあります。

その場合は、反対側を狙ってみると動くことがあります。

これはちょっと端を狙いすぎですが、動きました。

何度か繰り返してあげると落ちます。

注意点

『箱の横部分をアームの爪で押すタイプの筐体』で注意する点は2つです。

注意点2つ

  1. 端を狙いすぎない
  2. 斜めになったら初期位置に戻してもらうことも検討する
  3. 重心ではないほうを狙う

【注意点①】端を狙いすぎない

端を狙いすぎると、空振りするのでもったいないです。

端から1センチくらい内側を狙うときちんと箱に当たります。

【注意点②】斜めになったら初期位置も検討する

ずらしているときに、景品が斜めになってしまうことがあります。

こうなると、同じように端を狙っても力が分散されてまっすぐズレてくれないことがあるのです。

うまく角を押して回転させて落とす(イリュージョンスピン)ことができればいいですが……。

難しい技なので、手数がかかるくらいなら初期値からやり直したほうがいいこともあります。

【注意点③】重心ではないほうを狙う

このタイプの取り方は、重心ではないほうを狙うのがおすすめです。

というのも、重心を爪で押してしまうと動かないのです。

軽いほうに爪を当ててあげると少しづつですが動きます。

左でダメなら右、奥がダメなら手前。といったように動く部分を探してみましょう。

メーカーによってはどれも重心の位置が同じことがあるので、慣れれば箱を見るだけで見極められます。

箱の横部分をアームの爪で押すタイプの筐体の攻略方法:まとめ

『箱の横部分をアームの爪で押すタイプの筐体』についての攻略方法をまとめてみました。

この設定に名前があったら知りたいです。

最後に取り方をまとめておきますね。

この方法で取りやすい景品

  • 軽い景品(美少女系フィギュアなど)

攻略方法

  1. 端を狙いすぎない
  2. 斜めになったら初期位置に戻してもらうことも検討する
  3. 重心ではないほうを狙う

 

-ゲーセン攻略

© 2020 おとよめブログ Powered by AFFINGER5