ゲーセン攻略

【クレーンゲーム】剣山設定での箱物フィギュアの取り方

2020年7月31日

『トゲの上に乗っている景品ってどうやって取るの?』

『景品が元の位置に戻るんだけど、どうしたらいいの?』

剣山はSEGAによくある設定ですが、SEGA以外の店舗でも同じように取ることができます。

この記事でわかること

  • 『剣山』ってどういう設定?
  • 『剣山』の攻略方法
  • 注意点

『剣山』ってどういう設定?

『剣山』設定とは、上記の画像のような景品の下に針やデコボコとしたシートが置いてある台のことです。

画像では初期位置からナナメに置かれていますが、橋渡しのようにまっすぐ針の上にのせられているものもあります。

よくあるのは右のピンクの箱のようにまっすぐ乗せられているものですね。

『剣山』の攻略方法

剣山は、景品を横にしてから景品の奥側を撫で上げるように持ち上げてゲットします。

『剣山』の攻略方法

  1. 景品が動く方(重心ではない方)を動かして景品を真横にする
  2. 景品の奥側を撫で上げて落とし口に落とす

この景品は下に重心があるので、箱の上側をアームで動かして横にしていきます。

箱の上側を動かすと、画像のようにナナメになります。

落とし口付近のシールドに対して真横にしたいので、もう少し動かします。

左アームで寄せて景品を右に動かします。

シールドに対して真横になりました。

ここまで来たら、箱の奥側を撫でるように持ち上げて落とし口に寄せます。

 

この辺りを狙います。

この景品の場合は、左アームがしっかりと角に入っているため、押し出すように動きます。

だいぶ前に押し出されました。

ここまで来たら、出ている角を押し込んでもいいのですが、景品の重心が下(キャラクターの足側)なので、失敗するとあらぬ方向へ行く可能性があります。

押す場所を間違えて元の位置に戻るぐらいなら、もう一度奥を撫で上げて前に進めた方が吉。

『剣山』設定の注意点

『剣山』設定では、つかむ位置を間違えると元の位置に戻ってしまうことがあります。

例えば、このように角が落とし口にかなり出ている状態で、

角を押そうとして失敗すると、箱の手前をつかんでしまいます。

こうなると最悪で、元の位置に戻ります。

とても勿体ないので、しっかり押せないなら箱の奥側を撫で上げてゲットしましょう。

しかもこの景品は箱の上側(キャラクターの頭)を押したところで、重心が箱の下側(キャラクターの足)なので持ち上がらず意味がないです。

剣山設定での箱物フィギュアの取り方:まとめ

『剣山』の攻略方法

  1. 景品が動く方(重心ではない方)を動かして景品を真横にする
  2. 景品の奥側を撫で上げて落とし口に落とす

『剣山』設定の基本は、横にして落とすことです。

重心をしっかり理解して、景品をゲットしてみましょう。

クレーンゲーム関連の記事はこちら

-ゲーセン攻略

© 2020 おとよめブログ Powered by AFFINGER5