橋本環奈出演『十二人の死にたい子どもたち』の動画を無料で視聴する方法!あらすじやキャスト・感想・レビューも!

『十二人の死にたい子どもたち』は『天地明察』『マルドゥック・スクランブル』などで人気の冲方丁(うぶかたとう)が、初めてとなる現代を舞台に描いたミステリー小説を実写映画化した作品です。

橋本環奈出演『十二人の死にたい子どもたち』の動画を無料で視聴する方法!あらすじやキャスト・感想・レビューも!

『十二人の死にたい子どもたち』 のあらすじ

死にたい…、だけど“殺される”のはいや!! 集団安楽死のため廃病院に集まった少年少女12人が、いるはずのない“13人目の死体“をめぐって嘘と騙し合いを繰り広げる密室サスペンス!

13人目は一体誰なのか? そして、殺人鬼はこの12人の中にいるのか…? 猜疑心と恐怖が押し寄せる中、逃げ場なしのノンストップ・サスペンスゲームが今幕をあける!!

それぞれに理由があり“安楽死の会”に参加した12人の少年少女たち。彼らは会場である廃病院への到着順に【1】〜【12】までの番号札を取り、地下の自殺会場へと向かった。しかしそこには、なんといるはずのない“13人目の死体”が静かに横たわっていた…。

病院内の至る所に残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる不可解な出来事、…まさか、この12人の中に殺人鬼が!? 一体誰が、何の目的で? “死にたい、けど殺されたくはない”彼らは、犯人を見事突き止め念願の安楽死を遂げられるのか?

https://doga.hikakujoho.com/より引用

キャスト

本作の要になる部分でもあるので、子供たちに割り振られた番号を伏せて紹介します。

  • アンリ:杉咲花
  • シンジロウ:新田真剣佑
  • ノブオ:北村匠海
  • サトシ:高杉真宙
  • メイコ:黒島結菜
  • リョウコ:橋本環奈
  • マイ:吉川愛
  • タカヒロ:萩原利久
  • ケンイチ:渕野右登
  • セイゴ:坂東龍汰

『十二人の死にたい子どもたち』 の見どころ

『誰が13人目を殺したの?』

犯人の目的が不明なうえに、もしかしたら12人の誰かが犯人かもしれない緊迫感の中、繰り広げられていく騙し合いと謎解きに注目してもらいたい作品です。

物語が進むにつれて、12人それぞれの過去・想いが生々しく紐解かれていきます。それにつれ、12人の心境や人間関係にも変化が起こります。

鑑賞後には「命について」多少なりとも考えさせられることと思います。

『十二人の死にたい子どもたち』 の感想・レビュー

ネタバレを含みますので注意してください!

橋本環奈さんが好きなので見たのですが、ほかのキャストの方も演技が上手。
特に新田真剣佑さん・北村匠海さん・高杉真宙さん等、男性キャストの演技が違和感がなくて作品に没頭できます。

肝心の内容についてですが、特にどんでん返しはありません。結局そこに集結するよね!といった感じ。

登場人物が多く、全員分の「安楽死に至る理由」を描かなければならないので、描写が不十分な人物もいますが、ある程度補完できるようには出来ています。

大切なのは「本人にとって死にたいほどの理由である」ということ。
くだらないと一蹴されるシーンもありますが、本人にとっては重大であることが『子どもたち』にはたくさんあるのではないかと思いました。

『十二人の死にたい子どもたち』 の評判

予告編はこちら

映画『十二人の死にたい子どもたち』予告【HD】2019年1月25日(金)公開

映画『十二人の死にたい子どもたち』を無料で見る方法!

映画『十二人の死にたい子どもたち』を無料で見るなら

U-NEXTがおススメ!!

31日間の無料トライアル期間があるので、映画『十二人の死にたい子どもたち』を無料で簡単に見ることができます。

さらに、映画だけでなく、ドラマやアニメ、漫画なども無料で見ることができますので、31日間の無料期間だけでも何本でも楽しむことができます。

U-NEXTおすすめポイント

  • 31日間の無料期間がある
  • 配信本数が業界トップクラス
  • 無料トライアルでもポイントがもらえる

もっとくわしく「U-NEXT」について知りたい方はこちら。

コメント

  1. […] 『PSYCHO-PASS サイコパス』は2012年10月から放送開始された近未来SFアニメです。1期の製作陣は『踊る大捜査線』を手がけた本広克行さんが総監督、『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本・小説『Fate/Zero』の作者である虚淵玄(うろぶちげん)さんがストーリー原案と脚本担当です。 また、3期では『君に届け』や『ハイキュー!!』の絵コンテかつ演出担当の塩谷直義さんが監督を務めています。さらに小説『十二人の死にたい子どもたち』の著者である 冲方丁さん(うぶかたとう)さんがシリーズ構成・脚本などを担当されています。 […]