【気を付けよう】お中元の時期はいつ?贈り先の地域で時期が違うの知ってた?意外と知られていないマナーを紹介

社会人のみなさんは特に「今年もお中元の時期か…」と考えている方もいるのではないでしょうか。お世話になった方や親しい方に感謝の気持ちを込めて贈る方も少なくないと思います。

ただ、お中元の”時期”はわかっていても、具体的に何月何日なのかをわかっていないと困りますよね。実はお中元は地域ごとに日にちも若干違うので注意が必要です。

今回は日本全国の地域ごとにお中元を贈る日にちとおすすめの商品を紹介していきます。

東北・関東地方は7月からの15日間

関東地方や東北地方へ場合は7月1日~15日までに届くようにしましょう。ちなみに、7月16日以降になると残暑見舞いとなりますので意味合いが異なってきます。ただ、最近では6月下旬に送ってしまう場合もあるようです。

北陸地方は地区により異なる

都市部では関東や東北と同じく7月15日くらいまでに贈る習慣があるようですが、それ以外は7月15日過ぎてから贈る習慣があるようです。注意が必要ですね。

北海道は7月15日から8月15日

北海道は、旧盆の時期である7月15日から8月15日がお中元の時期と言われています。ちなみに、先ほど同じように8月16日以降になると残暑見舞いという扱いになりますので、注意が必要です。特に本州から北海道へ送る際は海を越えるので、少し余裕を持って発送するのであればしたほうが良いと思います。

東海、関西、中国、四国地方も7月15日から

先ほどの北海道と同じく東海地方や関西地方なども7月15日から8月15日の間が一般的です。よって、8月16日から9月頃までは残暑見舞いとなります。ただ、関東地方が早い時期にお中元のため最近では早まっているという話も聞きました。

九州地方は8月から

九州地方は、8月1日から8月15日と短いようです。これは注意が必要ですね。ただ、上記でも書いたように関東地方などの影響で早まっているらしく7月中でも問題はないとのことでしたが、気にする方は8月頃に贈るのがよさそうですね。

沖縄は旧暦7月15日まで

沖縄のみ、他の地域とは違い、旧暦で数えて7月15日までとなっています。なので、その年によって若干時期がずれます。沖縄の方へ贈る場合は旧暦を毎年確認したほうがよいでしょう。

地域によって若干の違い!失礼のないようにしよう

各地方のお中元の時期を書きましたが、大体は7月頃から8月にかけてが一般的なようですね。大事なのは気持ち、といえども贈る時期は大切だと思いますし、その地域の習慣は尊重してあげたほうが、なんだか丁寧な感じがしますよね。また、残暑見舞いとなると、また少し意味合いも変わってしまいます。地域によって異なるので失礼のないように贈るのがよいと思います。

コメント

  1. […] […]