【新製品】ギターでシンセ!?Keelyの最新エフェクターがすごい!ギター好き、シンセ好きあつまれ!!

こんにちは。今回は、エフェクターメーカー”Keely”の新製品「Synth-1 Reverse Attack Fuzz Wave Generator」を紹介します。

今回はあのKeelyの新製品ということでとても楽しみだったのですが、なんとギターでシンセサイザーのようなサウンドが出せるというものなんです。ただ、今までも結構多くのエフェクターメーカーがシンセサウンドを生み出すペダルを開発してきました。もちろん、私も所持していたこともありますし、満足していました。

しかし、今回のペダル「Synth-1 Reverse Attack Fuzz Wave Generator」はさすがKeely!となる一品。

それでは、さっそくみていきましょう!

Keeleyとは?

そもそもKeeleyとは、オリジナルペダルを作っているメーカーというよりも定番ペダル、例えばBOSSのBD-2(ブルースドライバー)などをモディファイ(改造)しているイメージが強いです。私もKeeleyモディファイのペダルを所持していた時期もありました。ただ、最近はオリジナルのエフェクターも多く製作しており、今回もそんな中でできた1つということのようです。

Fuzzを利用した使いやすさ

さて、「Synth-1 Reverse Attack Fuzz Wave Generator」の説明ですが、何やらこのペダル、Fuzzのしくみを持ったエフェクターとのこと。Fuzzについては、以前記事を書いてますので、ぜひご覧ください。

私も最初そうだったんですけど、シンセ系のペダルだと買っても必要なシーンが少なく購入にいたるまでの壁がいくつかあるのですが、Synth-1 Reverse Attack Fuzz Wave Generatorは、ファズの延長的なペダルなので、曲によってシンセは必要ないときでも、ファズのように使うことも可能。非常に扱いやすそうな印象です。

どんなエフェクター?

見た目はこんな感じです。

Keeley公式サイトより

ツマミはLEVEL,ATTACK,BLENDがありますね。BLENDは原音とエフェクト音のバランスをとるツマミ。シンセの音のみにもできるし、ギターの音の裏に薄っすらとシンセ音を入れるのなど、アレンジの幅も広がりそうですね。

実際の音は!?

では、実際に音をみていきましょう!

Keeley Electronics – Robert Keeley talks about the Synth 1 Wave Generator / Auto Swell
Keeley Electronics 公式動画

2分過ぎくらいから実際に弾いていますね。

聴いてみると…「おぉ…」と声が漏れてしまいました。なんとリアルなシンセサウンド。非常にいいですね。マルチエフェクターとかに入っているシンセ系のエフェクトはエグすぎてつかえなかったり、逆に、ギター歪ませただけじゃん・・・みたいなものが多いですが、これはさすがKeeley!見た目もかっこいいし、音も良い・・・これはぜひ手に入れてみたいですね。

いかがでしたでしょうか。参考までに。


コメント