【紅白歌合戦】Foorinってどんなグループ?「パプリカ」でヒットした裏側とは【経歴・プロフィール】

最近話題になっているFoorin(フーリン)。第70回紅白歌合戦で初めてしっかり聞いた!という方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、代表曲「パプリカ」を含めたFoorinの経歴やプロフィール、ヒットした裏側についてみていきます。

【紅白歌合戦】Foorinってどんなグループ?「パプリカ」でヒットした裏側とは【経歴・プロフィール】

Foorin(フーリン)は米津玄師の作詞作曲・プロデュースによる小中学生の音楽グループです。

NHK「みんなのうた」の2018年8月と9月の曲になったのが紅白歌合戦でも披露した「パプリカ」になります。音源自体は2018年8月15日にCDが発売されています。

ロングヒットになったため2019年でも話題になっており取り上げられることがありましたね。youtubeのMVは1億回を突破しており、そのMV内踊っているダンスも話題になりたくさんの動画が投稿されるなど社会現象になりました。

Foorin(フーリン)の経歴・プロフィールは?

Foorin(フーリン)は「2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングを歌うオーディションで選ばれた5人の小中学生によるグループです。

Foorinの由来は、プロデュースを務める米津玄師さんが[メンバーの踊る姿を風鈴に例えて]Foorinと名付けたとのこと。

実は第69回NHK紅白歌合戦の企画コーナーである「夢のキッズショー~平成、その先へ~」に出演しています。

Foorin(フーリン)のメンバーは?

  • ひゅうが(吉田日向) – メインボーカル
  • もえの(住田萌乃) – メインボーカル
  • たける(楢原嵩琉) – ダンス・コーラス
  • りりこ(池下リリコ) – ダンス・コーラス
  • ちせ(新津ちせ) – ダンス・コーラス

Foorinのメンバーは以上です。メインボーカルの”ひゅうが”さんに関して米津玄師さんは以下のようにコメントしています。

foorin」に選んだ理由として米津玄師氏は、「あまり染まってないところが魅力的に思えた。」「天然素材で無垢、ワイルドなところもあるし、歌い方もいぶし銀、声もいい。」などとインタビューで語っている。

wikipediaより引用

米津玄師が歌う「パプリカ」

2018年にFoorinのパプリカは大ヒットしましたが、2019年のみんなのうたにもプロデュースした米津玄師さん自身がセルフカバーしています。

2019年8月からは「パプリカ」のMVも公開され、公開から4日ほどで一千万回を超える再生回数を記録しています。

Foorin team Eの英語版「パプリカ」

また、2019年12月から2020年1月までNHKの「みんなのうた」にて「Foorin team E」が歌う英語歌詞バージョンの「パプリカ」が放送されています。

このFoorin team Eは英語ネイティブの子ども5人によって組まれたグループで、メンバーは

  • Jasmine(ジャスミン、10歳) – メインボーカル
  • Corban(コールバン、8歳) – メインボーカル
  • Len(レン、12歳) – コーラス&ダンス
  • Evangeline(エヴァンジェリン、12歳) – コーラス&ダンス
  • Clara(クララ、6歳) – コーラス&ダンス

となっている。

Foorin team Eの「パプリカ」発売はいつ?

このFoorin team Eのパプリカの発売日は2019年12月2日にすでにデジタル配信はしています。CDリリースは2020年1月22日にシングルが日本国内で発売が決定しており初回盤は7インチの紙ジャケットでDVD付きの特別仕様となっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パプリカ (初回限定盤 CD+DVD) [ Foorin ]
価格:1415円(税込、送料無料) (2019/12/30時点)


コメント

  1. […] […]