【令和の常識】塾選びはどうやってすべき?元塾講師がぶっちゃけます!

こんにちは。最近YouTubeでも話しているのですが塾での成績の上げ方や塾選びの方法などを保護者の方目線で話していきます。今回は「小中学生」をテーマに扱っていきます。

ということでこの記事の対象者は

  • 小中学生のお子様をお持ちの保護者の方
  • 塾をどうやって選ぶべきか悩んでいる
  • 塾をいつ始めるべきか悩んでいる

こんな方々となっています。もちろん、小学生・中学生の方もこの記事を読んでいただいて大丈夫です。ぜひ保護者の方にもこの記事を紹介してあげてください。

この記事の信頼性はあとでも少しお話していきますが

  • 私自身、過去に大手学習塾の教室長としての勤務経験があります
  • 当時の教室で志望校全員合格に導いた経験があります
  • 当時の教室で生徒数を倍以上にした経験があります

もちろん、この情報は書くだけならだれでもできるので、ここから話を聞いて参考にするかしないかの判断をしていただければと思っています!

それでは、さっそくお話していきます!

【令和最新版】塾選びはどうやってすべき?元塾講師がぶっちゃけます

タイトルにもある通り、実は私は過去塾講師をしていました。もちろん、アルバイトではなく正社員である教室の運営をしたり、そこで働く講師の育成などを担当する教室長を務めていました。もちろん受験指導もしていました。

現在は思うことがあり、退職したのですが当時は本当に情熱を持って子どもたちと関わってきました。

そんな経験を、あなたの塾選びの参考になればと思い今回はぶっちゃけていきたいと思います。

さて、さっそく塾選びについて話していきたいのですが同じ小学生でもそれぞれ目的別で塾の選び方は変わりますので、そこから話していきます。

小学生の塾選び

それではまず、小学生の塾選びからお伝えしていきます。小学生の塾選びでは以下の3つの目的の方が大多数かと思われます。

  1. 中学・高校受験を考えている
  2. 中学受験は考えていないが、レベル高く指導してもらいたい
  3. 学校の勉強に追いつけるレベルになって欲しい

中学受験・高校受験を考えている方にご注意いただきたいこと

中学受験を考えている方の塾選びに大切なことを結論から言いますと、『少しでも早くから大手に通うべき』だと私は考えます。

この『少しでも早く』というのは、できれば今日問い合わせるか明日問い合わせましょう。『保護者の意識』はお子様の合格・不合格に直結します。(もちろん、中学受験であればお子様が受験を望んでいる前提)

もし、現在小5でこれからゆっくり考えよう…中学生で、現在中3で、受験生だしそろそろ・・・という感じであれば、もちろんどのレベルの学校を受けるかにもよりますが正直すでに出遅れています。もちろん、合格することは不可能ではないでしょう。必死にやれば”合格”はできます。

でも、本当に”合格”だけでいいのでしょうか。本当に大切なことを、「中学・高校受験」「合格」ということで見失わないで欲しいんです。

本当に大切なことは、この受験期を乗り越えて「中学・高校に行ってからも挫けずに続けていける」「さらに高みを目指していける」「良き仲間と出会ったり、良き青春を過ごす」ということ。

多くの方々がここを見落として、”合格”して”失敗”するケースもあります。

よって、「うちは親である自分が管理して、通信教材で勉強してるから大丈夫」という考え方は危険であると思っています(もちろん、ご家庭の事情・状況によりけりです。あくまで正論として)

結局親に管理されて合格しても

  • 親がいないとダメな子になる
  • コミュニケーション能力に乏しくなる
  • 中学・高校に行ってから潰れる

可能性が高いです。その子の人生です。放っておくのも良くないですが、構いすぎもNG。もちろん、ある程度の管理はいいのですが、度が過ぎる方も少なくないです。

塾選びはどうやってすればいい?

塾選びでどんな場合でも大切なことは、大手・中小問わず「その教室にいる先生」がどんな先生かが一番大切です。

  • 担当講師の指導がわかりやすいか
  • 担当講師全員が受験について知識を持っているか
  • 面談などの対応は都度してくれるか

ここは最低限確認するべきだと思います。ぶっちゃけ、中には入って間もない方が担当していることもあります。

また、担当するのが非常勤講師(アルバイト)の場合で大学生を雇っている場合もちゃんと授業を体験してからのほうがいいですね。

もちろん優秀で熱心な指導をしてくださっている大学生アルバイトの方もいらっしゃるので、こんなことを言うのも申し訳ないのですが、中には、ほんと一握りだと信じたいのですが、ぶっちゃけ小学生よりも「早く終わんないかな」と思いながら教えているバイトもいます…時間給ですし仕方ないんですけどね。

もちろん、正社員であれば安心というわけでは必ずしもないですが講師選びは特に気を付けましょう。

小学生は個別指導・集団指導どちらがいい?

個別指導一択です。集団指導は、もちろん生徒が何人もいる中で先生が1人ですから単価は安くなり、費用が安くなりやすいこともあるのですがどうせお金をかけるなら個別指導ですね。

ただ、個別指導で受験科目すべてを受けようとすると月々とんでもない価格になることがほとんどですのでご注意ください。可能であれば、個別指導一択です。

ただし、集団指導にもメリットがあります。それは「集団意識」として同じクラスにいる生徒さんが元々意識が高く集団として勉強できる集団をつくっている教室であれば、周りも頑張っているから自分も頑張ろうという意識になってくるのかなとは思います。

さらに詳しく知りたい方は、youtubeに動画を配信していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

コメント