【Nintendo Switch】楽曲はRevo!!シリーズ完全新作『ブレイブリーデフォルトII』が、2020年に発売決定!セカンドはなかったことに?内容は?イデアやアニエスは出る?リングアベルは?【ネタバレ注意】

先日、米国ロサンゼルスで開催された「The Game Awards 2019」にてブレイブリーシリーズ完全新作『ブレイブリーデフォルトII』が発売決定したようです!
開発は大人気RPG『オクトパストラベラー』の開発陣なので面白さは保証されていると思います。

実際にプレイすればわかりますが、絶対に騙されると思います。いろんな意味で。

実はシリーズはスマートフォン向けアプリを除けば、全編クリア済みなので完全新作はテンション上がります。

【Nintendo Switch】楽曲はRevo!!シリーズ完全新作『ブレイブリーデフォルトII』が、2020年に発売決定!セカンドはなかったことに?内容は?イデアやアニエスは出る?リングアベルは?

ブレイブリーシリーズとは?

  • ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー(BDFF)
  • ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル(BDFtS)
  • ブレイブリーセカンド エンドレイヤー(BSEL)

いまからプレイしたい人は BDFtS と BSEL をプレイすれば世界観はつかめると思います。

BDFtS は BDFF の完全版なのでストーリーは同じです。

好きなキャラクターに好きな職業を自由につけられる

モンクや白魔導士・赤魔導士・黒魔導士・海賊にシーフ・商人などなど…
20種類以上の職業を自由にカスタマイズして戦うことができるバトルシステムです。

ちなみにセカンドではデフォルトで登場した職業以外に、さらに10種類ほど追加されています。

かわいい女の子を屈強なモンクにしてもいいし、かっこいい男性キャラを白魔導士やスーパースターにしてもいい。とにかく自由に設定できます。

また、職業に応じて固有スキルや特性があり、戦闘を有利に進めるだけではなく、負けてしまっても一度だけやり直せるなど様々な恩恵があります。

職業に応じて衣装が変わる!

同じ職業でも男女で服装が違ったり、キャラクターごとに専用の衣装があったりと見た目も楽しい要素があります。

イベント時はフルボイス!

どのソフトもイベント時や戦闘中はすべてボイス付きになっています。キャストも有名な方ばかりなので、違和感なくブレイブリーの世界に入っていけると思います。

ブレイブリーデフォルト キャスト

  • ティズ・オーリア:斎賀みつき
  • アニエス・オブリージュ:小清水亜美
  • リングアベル:竹内良太
  • イデア・リー:相沢舞
  • エアリー:津村まこと

そのほかにも「緑川光」「中田譲治」「小野大輔」「子安武人」「東地宏樹」「保志総一朗」などなど有名な方が登場します。

ブレイブリーセカンド キャスト

  • ユウ・ゼネオルシア :浪川大輔
  • イデア・リー:相沢舞
  • ティズ・オーリア:斎賀みつき
  • マグノリア・アーチ :恒松あゆみ
  • アニエス・オブリージュ:小清水亜美

そのほかにも「稲田徹」「緒方賢一」「森久保祥太郎」「中井和哉」「矢島晶子」などなど有名な方が登場します。

基本的には続編(BDFFの2年半後)の位置づけなので声優さんも続投です。

楽曲はRevo!!

「SoundHorizon」「LinkedHorizon」のRevoさんがゲーム内の楽曲担当です。
個人的にはSoundHorizonが同人だったころから応援しているのでこれはかなりうれしい。
わかりやすいところだと、進撃の巨人のオープニングテーマを作った人です。

ブレイブリーセカンドでは別の方(ryoさん)に変更になっていたんですが、デフォルト2で再起用ということで、楽曲的にもデフォルトの正式な続編は今回発売するデフォルト2なんでしょうか?

『ブレイブリーデフォルト2』トレーラー映像

『ブレイブリーデフォルトII』ティザートレーラー

【ネタバレ注意】ブレイブリーの世界は○○世界もの

ここから先はネタバレを大量に含みます!!

 

 

 

 

 

ブレイブリーの世界は「並行世界」「多元世界論」と「第四の壁(メタ世界)」「時間遡行」がキーワードです。

  • Aという世界の主人公とBという世界の主人公が同時に存在する世界。
  • ゲームの世界と現実(私たちが実際に生きている)の世界のリンク→第四の壁
  • 何度も同じことを繰り返したり、過去や未来を行き来するタイムトラベル

などの展開が多数盛り込まれています。

なのでデフォルト2でもそういったSF要素が盛り込まれるのではないかなと思います。

タイトル画面の凝った演出は継続してほしい

ブレイブリーデフォルトの演出

サブタイトルの「FLYING FAIRY」から「FF」を取る(開発者曰くブレイブリーはFFではない)と「LYING AIRY」=嘘つきエアリーとなる演出が施されています。

ずっとそばにいたキャラクターが実は黒幕という展開。しかもそれすらセカンドへ続くための布石です。

ブレイブリーセカンドの演出

サブタイトルの「END LAYER」に「SP(セカンドで初登場のキーワードの一つ)」をつけると「SEND PLAYER」=プレイヤーを送るとなる演出。

タイムリープ・第四の壁にふさわしい演出ですね。

第四の壁(メタ世界)演出は好みだけど○○はつかわなくていい(デフォルト)

ゲームをプレイしているプレーヤーもストーリーの一部という展開は割と好みです。

ゲームの中のシステムに「フレンド召喚」というものがあります。
戦闘が厳しくなった時などに現実世界の実際のともだちの力を借りられるというもので、すれ違い通信みたいなものです。友達がいない・通信機能がない場合でも召喚はできます。

この「フレンド召喚」機能で助けてくれた友達とは並行世界(別のソフト)のプレイヤーのことだった!というDS本体の機能とメタ世界を絡ませる仕掛けはよく考えられていると思います。

でもこれ、お友達がいないとCOM太郎・COM次郎・COM三郎……とかいう名前のともだちが助けに来てくれる仕様なんですよね。せめてなにかまともな名前を付けておけば、フレンド召喚した友達が助けに来てくれた!これで世界が救える!感があるような気がします。

ラスボス倒すときに自分の顔見たい人いるの!?

正直プレイ中に理解が及ばなかったのが、ラスボス戦にすすむと「DSのカメラが起動して、プレイしている自分の顔(というか目)が戦闘シーンの背景に映り込む」という演出です。

普通に持っていると雲の間から自分の目がのぞいているような感じになるんです。

ストーリー展開的にラスボスの語る上位世界がプレイヤーの存在する現実世界なので、演出的には戦いを見守るプレイヤーということなんだと思いますが、普通に引いた。これだけはいただけません!

完全新作「ブレイブリーデフォルト2」では、もう少し違った演出でメタ世界を表現してくれたらいいなと思います。

コメント

  1. […] 【Nintendo Switch】楽曲はRevo!!シリーズ完全新作『ブレイブリーデフォルト… […]