山野楽器のGoodfellowというメーカーのギターが気になる話

こんにちは。山野楽器さんが最近発売されているオリジナルメーカー「Goodfellow」が今とても気になっています。

山野楽器さんといえば、数多くある日本の楽器屋さんの中でも大手の楽器屋さん。以前、東京に行ったときや仙台で寄らせていただいたこともありますが、残念ながら私の住む地域には店舗がないので、とても悔しいです。店舗や店員さんに安心感があるというか、楽器屋さんの中では結構好きなお店なんですけどね。。。

そんな山野楽器さんオリジナルのメーカーと聞いて、ちょっと気になり調べましたので、まとめていきます。

山野楽器オリジナル「Goodfellow」

最初気になったのは、この「Goodfellow」というメーカーのレスポールタイプ「YKM-600」というモデルです。レスポールといえばボディやネックが厚く、サウンドも太い。代わりに人によっては弾きづらさを感じてしまうギターです。

しかし、何やらこのYKM-600というギターは一般的なレスポールタイプよりボディの厚さを2~3mm薄くし、ネックグリップのローフレット側を通常よりスリム化しているとのことで、初めてレスポールタイプを手に入れるという方にもお勧めだそうです。

私は、以前Gibsonのレスポールスタンダードを所有していたり、Epiphoneのレスポールを使用していた時期もありました。現在ではGibsonのレスポールトリビュートという安めのモデルを愛用しているのですが、果たしてこのGoodfellowというギターがどんなものなのか…めちゃくちゃ気になっています

デジマートのページの引用になります。価格はネットで見る限りでは3万9千円ほどと、レスポールタイプで4万円切っているということも特徴ですね。

Specification

Body Top:Maple 2P

Body:Poplar

Neck:Mahogany

Fingerboard:Rosewood

Nut:ABS

Bridge:T.O.M-Type

Machineheads:Rotomatic Type

Pickup:Original chrome Covered HB

Control:2Vol, 2Tone, Toggle SW

Scale:628mm

Width at Nut:43.0mm

Fingerboard Radius:400R

Finish:Urethane

String:RW.010-.046

デジマートより引用

ボディトップはメイプル2ピースで、ボディ材は最近流行りのポプラ。ネックはマホガニーでフィンガーボードはローズウッド、セットネックということで、いわゆる一般的なレスポールタイプの伝統を受け継ぎながらも、モダンな要素をこの価格帯で取り入れていることがわかります。

Goodfellowはバッカス工場で製作されている

このGoodfellowのギターは、バッカスやモモセといった人気ギターメーカーであるディバイザーと山野楽器さんのコラボとのことで、アジアにあるバッカス工場で製作をし、日本にあるディバイザー工場で調整をしているようです。

このクオリティでセットネックということにこだわりも見られますね(このクオリティでボルトオンというレスポールタイプはごろごろある)

なんにせよ、このギターの写真を見た瞬間にすごい魅力を感じました。どこがと言われると難しいのですが…感覚?というか…直感で、良さそうなギターだなと思いました。山野楽器さんが近くにあれば速攻で弾きに行っていたのですが

もし、どこかでこのギターと巡り合うことがあればyoutubeやSNSでレビューして良さを伝えていきたいと思います。

今回のギターが紹介されている山野楽器さんのページはこちら

コメント