【2019-2020最新版】ポケカのルールをまとめました~デッキの作り方編~

こんにちは。前回に引き続きポケモンカード初心者のためのルール解説をしていきます。前回は「カードの種類編」で書きましたので、まだ読んでいない方はこちらからお読みください。

今回は「デッキの作り方編」です!入れたいカードをどんどん入れたいですが、バトルするならやっぱり勝ちたいですよね。そのためには、バランスも考えなくてはいけません。それでは、デッキの作り方をみていきましょう!

ポケモンカード初心者のためのルール

まず、前提条件として知っておいて欲しいことがあります。それは、「デッキ」を組む必要があるということ。ちなみに、「デッキ」は60枚のカードを組み合わせて1人1個使います。

ポケモンカードには大きく分けて3種類のカードがあります。

  • ポケモンのカード
  • トレーナーズのカード
  • エネルギーのカード

それぞれのカードの紹介は以前まとめてますので、こちらを参考にしてみてください。

ポケカのデッキづくりはバランスも大切!

ポケモンカードゲーム公式ページより

ポケモンのカードとエネルギー15枚、トレーナーズは30枚というのが公式でも言われている初心者におすすめのバランス。実際には前後すると思います。実際にデッキを作ったら何度か練習で戦ってみて、バランスを調整していくのが良いかと思います。

デッキテーマを決めよう!

まずは、デッキのテーマを決めましょう!まずは、自分の好きなポケモンのカードから決めていきましょう!そして、そのポケモンの”ワザ”の左横にあるタイプを確認します。

今回は、ニョロモを例にしました。

ポケモンカード エネルギーカードをデッキに入れるときの注意点

上の”みずかけ”の左にあるのは”水エネルギー”です。この技を使う場合は、水エネルギーが1つ必要ということがわかりますので、デッキに何枚か必要ですね。

下の”うずまきすいりゅう”は白いマークが左に3つあります。これは”無色エネルギー”です。この無色エネルギーの3つは、他のエネルギーでも代用できます。もちろん逆に水エネルギーが必要な技には、水エネルギーしか使えません。

ニョロモを入れたら、ニョロゾとニョロボンも入れて、そのあと水エネルギーをいれましょう。同じ名前のカードは4枚ずつ入れることができませんので注意しましょう(エネルギーは4枚以上いれてOKです)

その後、まだ数枚入れることができると思いますので、水タイプのポケモン入れていきましょう。

ポケモンカード デザイン違いのカードも同じカードとして使う?

デザインが違っても、基本は同じカードとして使います。例えば、下のカード2枚は同じ名前なのでレアリティが違っても同じカードとして使います。

60枚セットのデッキは安くて強いものが売っている!

一番最初のデッキは60枚セットの最初から組まれているデッキを買うと、よく使うカードや必要なものが一気に揃うので便利です。また、そこから別のカードに入れ替えていったりするのもアリです。

今すぐ遊びたい!という方や、まだカードが十分揃っていない方は拡張パックをがむしゃらに買うよりもおすすめです。



コメント

  1. […] デッキは60枚のカードの束のことを言います。1枚1枚自分で好きなカードを選んだりするのもカードゲ0無の醍醐味ですので、自分で一からデッキを作りたい!という方は、こちらの「デッキの作り方編」で解説していますので、ご覧ください。 […]