お正月の意外な起源を小学生でもわかるように簡単に教えます!【お正月の歴史をわかりやすく解説】

お正月の起源や歴史って意外と知られていないんですよね。そして調べても何やら難しい歴史が出てきて…なんてことありませんか?今回は、小学生でもわかるように日本の新年を祝うお正月の起源を簡単に、お伝えしていきます!

お正月が持つ意外な意味は〇〇の成功を祈るため!?

ハロウィン、クリスマスやバレンタインもとても楽しいですが、やはり日本に住んでいるとお正月の特別感ってありますよね。学校も、仕事もお休みになって、いつもより豪華なご飯を食べたり、お節料理を食べたり、子どもたちはお年玉がもらえたり…そんな楽しいお正月の起源ということでまずはお正月ってそもそもいつからはじまったのかを教えますね!

日本のお正月っていつから始まったの?

お正月をお祝いするようになった起源は、1500年以上前、日本に仏教が伝わってくるより前ではないかと伝えられていて、日本に最も古くから存在する行事です。

“お正月”の『正』という字には、「ただしい」という文字ですよね。”きちんとする”などという意味があり、前の年が無事に終わった事への感謝と、豊穣(稲作などうまくいくこと)を司る歳神様(としがみさま)のお迎えすることから始まってします。

よく家の前に置いてある「門松」は歳神様が降りてくる目印で、「しめ縄」は周りの汚れと離れた清らかな場所であることを示すために飾ります。

新年になるとみんなが必ず言っている「あけましておめでとうございます」という挨拶は、歳神様をお迎えしたお祝いの言葉であると同時に、新春を迎え芽が出るという意味が込められているそうです。

ただし、仏教が日本にくる以前は、祖先に感謝をし、先祖の霊を祀るという習慣もあったそうです。今でいう、お盆やお彼岸みたいな感じでしょうか。

おせち料理の持つ意味は?

おせち料理、美味しいですよね。お正月の楽しみの一つでもある「おせち料理」が幅広く食べられるようになったのは江戸時代です。

元々は当時の偉い人が食べられていた料理を庶民が取り入れたのが始まりと言われ、その文化がその後、1年の中で最も重要なお正月に食べる料理へと発展させていったと伝わっています。ちなみに当時の人々はこの料理を難しい言葉ですが「食積、くいつみ」「蓬莱、ほうらい」と呼んでいました。「おせち料理」という名称が使われるようになったのは、戦後だと言われています。

食材は、縁起が良いものを集めています。例として、鯛は「めでたい」の意味があったり、昆布巻きは「よろこぶ」、エビは「腰が曲がるまで長生き」、数の子は「子孫繁栄」など、このあたりが有名ですね。


コメント