【紅白】King Gnu(キングヌー)ってどんなバンド?芸大出身のエリートバンドを徹底解剖!【Mステ】

こんにちは。今回は、第70回紅白歌合戦にも出場が決まっていて2019年には日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌「白日」で話題となったの4人組バンド『King Gnu』について書いていきたいと思います。

『あいみょん』も同じですが、最近流行りのストリーミングを足掛かりに人気を獲得しているようで、その人気はオリコンのデイリーランキングでなんと1位を獲得するほど。ちなみにドラマ主題歌にもなっている「白日」はyoutubeで1億回を突破しています。

さて、それではそんな『King Gnu』とはどんなバンドなのか、紹介していきましょう!

King Gnuとは?

King Gnu(キング・ヌー)とは、東京藝術大学出身の4人組バンド。元々ギターボーカルの常田大希さんが独自の活動を展開するクリエイターとして2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始したところから始まり、メンバーチェンジを経て2017年4月26日にバンド名を現在の『King Gnu』として活動をしているようです。様々なジャンルの曲があり、聞くたびに印象が変わるというイメージですが、でもなぜか聞くとKing Gnuにしかない雰囲気というか、この4人組でないと出せないグルーブ感を感じることができます。ただ演奏がうまいだけでない、すごくいいバンドだと個人的には思いますし、そこに惹かれているファンの方も多いのではないでしょうか。ライブ活動も精力的に行っているようです。

バンドとしての活動・メディア出演

過去には大型音楽フェス「フジロック」にも出演しており、2019年に入ってから、4/20にはテレビ朝日「MUSIC STATION」に出演しています。King Gnuとして活動してから2年でMステ出演はすごいですよね。ライブ活動も精力的に行っており、2019年5月18,19日のMETROCKにも出演が決定しており、6月には静岡で実施される『頂』にThe Birthdayやサンボマスターといった大物バンドとも出演するようです。また、北海道のRISING SUN ROCK FESTIVAL2019 in EZOにも第1弾アーティストとして出演が決定、さらにSUMER SONIC2019、SWEET LOVE SHOWER2019、他にもシミズオクト Presents 気志團万博2019にも出演。

また、第70回紅白歌合戦の出場も果たし、まさに今引っ張りだこのバンドというわけですね!

どんな楽曲?

ボーカルギターの常田さんがレディオヘッドやミッシェル・ガン・エレファントなどが好んでいるということですが、楽曲自体はかなり幅広いジャンルとなっています。他のメンバーもそれぞれで好きな音楽があるため、色々なジャンルを取り入れているようですね。では曲も聞いてみましょう!

King Gnu – 白日
King Gnu公式チャンネルより
King Gnu – Slumberland
King Gnu公式チャンネルより

綺麗なボーカルハーモニー。繊細なサウンド、思わず乗ってしまうグルーブ感。音楽に年齢は関係ないとも思いますが、これでメンバーが20代なんですから、今後も相当期待されますよね。音楽性や、雰囲気が他にはない感じがします。youtubeにはほかの楽曲も載っていましたので、ぜひご覧ください!これはハマりますよ・・・

いかがでしたでしょうか?あいみょんや、King Gnuをはじめ、令和の時代も様々な新しい新進気鋭のアーティストが続出の予感ですね!非常にたのしみです!


コメント