【ポケモンGO】本格的なオンラインバトルシステムを導入決定!「GOバトルリーグ」がめちゃくちゃ楽しそう!実装は2020年の予定!

2019年10月22日、Nianticは『ポケモンGO』に本格的なオンライン対戦を導入する「GO Battle League(GOバトルリーグ)」を発表した。実装の時期は2020年初頭を予定しているとのこと。詳細は近日中に明かされるらしいです。

ついにポケモンGOに本格的なバトルシステムが導入されるんですね。今までもジム戦やレイドバトルなど、ポケモンGOの中でもバトルシステム的な位置づけのものはありましたが今回はどのようなものになるのでしょうか。

ポケモンGOでオンラインバトル「GOバトルリーグ」

Nianticからの「GOバトルリーグ」の発表内容

Nianticから現存のPvP戦闘のトレーナーバトルを基盤としながら、さらなる『ポケモンGO』のバトルの要素として「GOバトルリーグ」を開発していることが明かされました。

『ポケモンGO』では先ほども少しだけ書きましたが、トレーナーバトル要素もありました。ただ、トレーナーバトルは基本的に対面で行われるのでオンライン対戦をするとなれば、フレンドレベルが親友以上のフレンドとのリモート対戦に限られていました。今回発表された「GOバトルリーグ」では、本格的なオンライン対戦が導入されるようです。

ポケモンGO「GOバトルリーグ」のシステムは?

詳細なシステムはまだ不明ではあるものの、プレイヤーは「GOバトルリーグ」の参加権を得るために、“walk(歩く)”する必要があるとのこと。

GOバトルリーグの参加権を得ると、マッチングシステムを介してオンラインで全世界中のライバルと戦うことができる。勝利することでリーグランクを上げていくなど、ランクシステムも導入されているという。競技性を高め、ほかのトレイナーたちとの距離を縮めるねらいがあるとのこと。

GOバトルリーグで「ポケモンGO」の何が変わる?

また「GOバトルリーグ」は対戦要素ですが、Nianticはこの対戦要素を導入することで、ほかの要素と同じように、ポケモンの捕獲の動機づけにもなるとだろうと言われています。

Nianticは前からプレイヤーの対戦への参加を積極的に促しており、GOロケット団の導入もその試みのひとつだと明かしています。対戦要素がもっと広まっていけば、「勝ちたい」という意識が高まり、今までポケモンGOの「ただ集める」だけでなく、より強いポケモンが欲しいというやる気も湧くことにもつながることになります。

『ポケモンGO』に本格的なオンライン対戦を導入する「GOバトルリーグ」は、2020年初頭に実装予定だ。

コメント