【2020.1最新】2020年ポケモン新作映画情報が公開!公開日は7月10日【劇場版ポケットモンスターココ】

ついに東宝で2020年ポケモン新作映画の情報が少しずつ解禁されてきましたね!2019年はミュウツーの逆襲EVOLUTIONで感動しましたが、今回は完全新作ということがほぼ確定となりました。


※2020/1/10映画最新情報追記しました

2020年1月10日に公式から情報解禁しましたね!2020年7月10日の第23作目「劇場版ポケットモンスター ココ」にタイトルが確定!また、ビジュアルデザインや特報動画も公開されました!

最新情報はこちらからご覧ください!

2020年公開の新作ポケモン映画情報を東宝が発表

東宝が発表した2020年映画ラインナップの情報では『劇場版ポケットモンスター 2020』となっていました。前回2019年はミュウツーの逆襲EVOLUTIONでリメイク作品だったため完全新作としての劇場版第23作目は期待が高まります。

ちなみに公開予定日は7月10日になっていますので、また夏休みはポケモンフィーバーとなりそうですね。

2020年ポケモン映画は「劇場版ポケットモンスター ココ」に決定!

劇場版ポケットモンスター ココ公式サイトより

詳しくはこちらの記事にまとめていますので見ていただきたいのですが、ついに情報解禁されましたね!映画公開までちょうど半年となってタイトル「劇場版ポケットモンスター ココ」というタイトルと特報の動画も公開。

実は、様々な予想をしていましたが、以下でも予測していた通り「オリジナルストーリー説」が確定しましたね。また、この物語とゲームやアニメが関わってくることは可能性が薄いですが特報動画でもわかりますが「森」が出てくることから「セレビィ」の可能性もネット上一部では示唆されるなど、まだまだワクワクできそうですね。

ここからまた予測できることは「今までの伝説再登場」「新たな伝説の登場」となりそうです。先日のポケモンダイレクトで発表された情報の中の新たな伝説のポケモン「ダグマ」が登場しても面白いですよね。配信開始が6月末までと言われているのでタイミングもばっちりです。

※2020/1追記 新アニメ「ポケットモンスター」から考察

サンムーンは2019年に放送終了。そして、新アニメ「ポケットモンスター」が2019年11月17日に放送スタートしましたね。

そんなわけで、2020年の「ポケモン映画」は主人公であるサトシ、そしてゴウの2人の物語として新作ポケモン映画が期待できます。

このことから、2020年のポケモン映画は以下のような推測ができます。

  • 「ポケットモンスター ソード&シールド」に登場する伝説のポケモンが登場
  • 今回のアニメとは全く異なる世界でのストーリー

2020年ポケモン映画は「ザシアン」「ザマゼンタ」「ムゲンダイナ」が主役?

11月17日に発売されたポケモンゲーム「ポケットモンスター ソード&シールド」から「ザシアン」「ザマゼンタ」「ムゲンダイナ」の物語が予想されます。

ゲーム内でも伝説として謎な部分が多く、ゲーム物語内でも取り上げられてはいるものの、その多くは語られないままクリアできる内容となっていました。よって、その物語を一部補完するような内容としてこの3体が登場するのではないかと考えます。

2020年ポケモン映画はオリジナルストーリーか伝説再登場!?

ポケモン映画だけが、ここ最近はゲームや通常放送されているアニメ版ポケットモンスターの内容とは離れていっており、それぞれが独立した存在になっていることから今回もオリジナルストーリーとなるのでは?とも予測できます。

例えば、「ポケットモンスター キミに決めた!」では初期のポケモンのリメイクとも取れる部分がありながらも、ホウオウの伝承が登場したり「マーシャドー」という新たなポケモンが登場しています。

また、「ポケットモンスター みんなの物語」でもルギアの伝承が登場し、その中で「ゼラオラ」という新たなポケモンが登場しています。

そして2019年の「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は3Dでの完全リメイク作品でした。現代の子どもたちを対象としながらも、どこかで「当時の子どもたち」へ向けて発信されているかのような流れもあります。

また、今回の新アニメ「ポケットモンスター」では”すべてのポケモンを手に入れる”ことが目標の主人公「ゴウ」がいることから、「ジラーチ」や「エンテイ」「ライコウ」「スイクン」、「セレビィ」など以前映画となっているポケモンやその関連のポケモンが再登場することも考えられます。

何はともあれ非常に楽しみです。続報出次第、また更新していきます!

名探偵ピカチュウが無料!今すぐ観れます!

名探偵ピカチュウもとても話題になりましたよね。こちらもポケモンファンにはぜひ見てもらいたい作品です。

そんな名探偵ピカチュウを無料で今すぐ見ることができます!

それが動画配信サービス「U-NEXT」!

動画配信サービスには様々な種類があり、NetflixとかHuluとかもあり様々です。これだけ聞くと「え?でもこういうサービスってお金かかるし…」という方もいらっしゃるかと思います。

名探偵ピカチュウを観るならU-NEXTの無料体験がおすすめ

実際、いきなり加入するとあとから「イメージと違う」「使いづらい」なんてことがあるとお金もかかってしまいますので怖いですが、U-NEXTは31日間は無料で使うことができます。

私もいくつかの定額の動画配信サービスを使ったことがありますが、アニメとか映画とか有名作品を観たいなら特にU-NEXTはおすすめです。

そんなおすすめの理由は、

  • 見放題作品 80,000 本
  • レンタル作品 50,000 本を配信動画
  • 月額は1990円(無料期間内に解約すれば0円)
  • 毎月1200ポイントもらえる
  • そのポイントは最新作のレンタルや書籍・コミックの購入、映画チケットの割引などに使うことができる。
  • 最大4アカウントまで作れるため、4人家族の場合実質500円で使うことができる。
  • スマホやタブレットだけでなく、テレビで見ることもできる。

見放題作品圧倒的な数であることや、実際毎月充分なほどのポイント付与があること、またアニメ・映画だけでなく漫画などコミックや雑誌や書籍などもポイントが使えるので、お得感もあります。

名探偵ピカチュウを観るならU-NEXTに無料登録!

とにかく、31日間は無料で使えるので、気に入らない場合は解約ももちろんできます。無料登録して、ポケモン映画をぜひ楽しんでください!

さて、今回は「ミュウツーの逆襲EVOLUTION」の感想と、実は映画の最後に驚きの情報も公開されていましたので、最後の方で書いていきたいと思います!

ミュウツーの逆襲 EVOLUTIONの内容は?

そもそも、ミュウツーの逆襲は、1998年に公開された「ポケットモンスター」の最初にして最高傑作とも言われる映画です(様々な評価はあるとは思いますが)

実際、今回のリメイク版「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」のホームページでも「全世界に告ぐ。原点にして、最高峰」と書かれているくらいです。

簡単なストーリーとしては

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」その二つを持つ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。全てのポケモンの”はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、ついに一人の科学者がミュウの化石を発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。

「ここはどこだ…。わたしは誰だ…。」

最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に生み落とされた伝説のポケモン。その名もミュウツー。存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の年を宿していく−。

「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」

ポケモン「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」ホームページより

フル3DCG映像ということで、なかなか受け入れられないと思っている方も多いことでしょう。私も実は少し思っていました。「3DCGのポケモン?いやいや…1998年は超えられないでしょw」

こんなこと思ってました正直。ごめんなさい。めちゃくちゃ感動してしまいました…

フル3DCGだからこその美しさ

この映像の美しさは、3DCGならではですよね。予告編でもそれが感じられますが、映画館の大きいスクリーンで観るからこその迫力も半端じゃなかったです。海の映像とか炎とか、びっくりするくらい綺麗で、バトルシーンや爆発系のシーンなども迫力がありました。サトシやカスミ、タケシをはじめとした登場人物たちの動きも違和感なく、むしろ口の動きとかは本当によく出来ているなーと感心させられました。いわゆる不気味になっていくような様子はなく、受け入れられる工夫がされているのではないでしょうか。微妙なポケモンの表情の変化も素晴らしかったです。

【公式】「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」予告2

ミュウツーの逆襲 EVOLUTIONを観ての感想(若干ネタバレあり)

これは、内容こそ当時1998年と大きくは変わっていませんので、ストーリーにおいてネタバレになるということはなかなか無いとは思うのですが…(当時の見たことない方は飛ばしてくださいね)

オリジナルとコピーのそれぞれの感情移入のさせ方とかが半端じゃなかったです。正直、1998年版でも何度となく、オリジナルとコピーのポケモンたちが殴り合い、それを止める智とピカチュウの「あのシーン」で涙を流していますが、やはり今回も涙してしまいました。

今となっては通常のアニメの中でも、割といい役回りを演じることも多くなったロケット団も、当時のアニメ「ポケットモンスター」では、完全にピカチュウを姑息な手段で狙うだけの悪役的な登場がほとんどだったと記憶しています(なんだか憎めない奴ら感は当時からあった気がしますが)「やな感じー!」で終わっていた彼らが映画館では、「なんだかとっても、いい感じー」と言ってくれたのは、この映画が当時は初めてですよね!?(曖昧な記憶ですが…)

映画館で売ってたグッズ

映画館では、恒例ですが劇場オリジナルグッズがたくさんありました。私たちはパンフレットを購入しました!

1998年当時公開のパンフレットと並べてみました。

左:1998年公開当時のもの 右:今回公開のもの

当時のもいいですが、今回の表紙かっこいい…

裏はこんな感じです。ミュウが可愛い。中身の内容は、ぜひ購入して読んでいただきたいので隠しますが…1ページ目には、「ミュウ」のカードが!!

実はこのカード、当時は「ルギア爆誕」のパンフレットについていたものでした。

左:ルギア爆誕 右:ミュウツーの逆襲

ページの演出は意識して似せているようですね。カード自体に大きな違いはありませんでしたが一部だけ違いました。

こちらが、当時のもの。カードの下の枠の部分の年代が古いですが

新しいものは、当たり前ですが”2019”と表記がされていました。

古いほうのカードは、時期によっては比較的高額で取引されていたこともあるらしいので、今回のが出たことで古いものはさらに価値が上がるのでしょうか?

入場者特典!アーマードミュウツー!

入場者特典のアーマードミュウツーもらいました!!!かっこいい!!

左が、ポケモンカードです。アーマードミュウツー…悲しい姿なんですが、かっこよすぎる…右はガオーレディスク。最近定番になってきましたね。

コメント

  1. 白い兎 より:

    細かいことかもしれませんが、目次の「ザシアン」のところが「ザイエロー」になってましたよ。

  2. […] 【※追記2020年ポケモン新作映画情報もあり】ミュウツーの逆襲EVOLUTIONを観… […]

  3. […] […]

  4. […] 幻のポケモン(剣盾)→ 映画「劇場版ポケットモンスター ココ」(7月10日公開予定)にも登場 […]